抜け毛なら「わかめ」と「昆布」

抜け毛なら「わかめ」と「昆布」

低カロリーでミネラルが豊富としていますので、ダイエットや美肌効果として毎日、食事のなかに取り入れている方も多いのではないでしょうか。そして昔から言われている髪の毛に必要な食品として積極的に摂取する人もいます。そこで昨今ではわかめや昆布の発毛・育毛効果においては賛否両論としていますので、実際のところどうなのか気になるところでもあります。

 

味噌汁やサラダ、つくだ煮などで手軽に食べることができますので、海藻で薄毛対策や抜け毛予防ができれば嬉しいことでもあります。そこでここでは海藻類のわかめや昆布と薄毛・抜け毛改善となるのか検証しまとめてみましたので、今後のハゲ対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ワカメで毛が増える!都市伝説は本当?

 

海藻を食べると髪の毛が増えるとして、子供の頃によく聞かされたなんて方も多いのではないでしょうか。しかし最近になってワカメや昆布など海藻類を食べたからと毛が増えるなど、薄毛改善となることはないという説も聞かれるようになりました。

 

そこで実際どうなのか?気になる方もいるのではないでしょうか。そこで結論から言うとワカメ・昆布は間接的に髪の成長を促す働きはあるとしても直接、毛髪の育毛、発毛効果に関しては医学的根拠はないとしています。しかし海藻類には身体の健康に影響する栄養素が含まれていますので、バランスよく摂取することで薄毛や抜け毛の予防、対策とすることも期待できるとしています。

 

そのためわかめにおける都市伝説は全てがでまかせということではなく、髪の成長に必要な栄養があることは確かとしています。そして直接、発毛としませんがわかめや昆布は毎日の食事に積極的に取り入れたい食品としています。

 

ワカメ・昆布の効能は?

 

  • ガン予防
  • 腸内環境改善
  • 高血圧、動脈硬化予防
  • 肥満・糖尿病の予防
  • 髪の健康促進・美肌効果

 

海藻類にはミネラル・ビタミン・食物繊維が含まれており、特にヌルヌル、ネバネバとしているフコイダンが豊富としているのが特徴としその効能が注目されています。体内に摂取することによって海藻ペプチドという成分に変化し、知覚神経を刺激することでIGF-1という物質を生み出すとしています。

 

IGF-1は細胞分裂や細胞の成長を促進し、正常な成長や健康の維持に重要な役割として毛のサイクルを正常化してくれる働きがあります。健康的でハリやツヤのある髪の毛を保つには必要な成分としています。

 

海藻類のなかでも特に昆布の摂りすぎに注意!

 

わかめや昆布などの海藻にはヨウ素が豊富に含まれており、人間にとっては必須の栄養素でミネラルとなります。不足すると甲状腺ホルモンが充分作られなくなり、代謝のコントロールが不十分となり体調を損なうことになります。しかしヨウ素は普段の食生活のなかで必要量を摂取することができ、特にとびぬけての含有量としている昆布の食べ過ぎは過剰摂取となり逆に甲状腺機能のトラブルが予想されます。

 

薄毛や抜け毛対策としてわかめや昆布の他海藻類の過剰摂取は控え、適量を毎日食べることがこれからの髪の毛の成長や健康維持として期待することができます。

 

ヨウ素を吸収する食品に注目!

 

過剰摂取の害を抑える効果が期待できる代表的な食品は、大豆のイソフラボンとしています。昆布の食べ過ぎが気になるようでしたら大豆製品などと一緒に食べることで、ヨウ素の吸収を阻害してくれますので多少は効果があるとしています。