男性必見!大豆イソフラボンの薄毛効果

男性必見!大豆イソフラボンの薄毛・育毛効果

毎日の食事で何気なく取り入れることができる大豆イソフラボンで薄毛対策ができ更に発毛が期待できるとして関心を高めている方も多いのではないでしょうか。特にAGA発症としている男性においては身近な食事からハゲ対策ができるとなれば気になる情報でもありますよね!

 

また女性でも髪の悩みとしてボリュームがなくなり地肌が透けて見えるようになった方ではイソフラボンで薄毛効果あるなら低料金で抜け毛予防することができるとして嬉しいことでもあります。ここでは大豆イソフラボンと薄毛・抜け毛の関係を検証しまとめてみましたので今後のハゲ対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

大豆イソフラボンとは

 

マメ科の植物に含まれるフラノボイドでポリフェノールの一種としておりエストロゲンの働きをする栄養素でもあります。大豆そのものからの摂取することはもちろん納豆、豆腐、油揚げなどの大豆加工食品やサプリメントとしても摂取できる食品としています。

 

イソフラボンの効能

 

  • ガン予防
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 薄毛・抜け毛
  • 美肌効果
  • 月経不順
  • 更年期障害

 

イソフラボンでAGA改善あり?

 

男性型脱毛症は男性ホルモンの影響が主な原因の一つとしてDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することによりヘアサイクルが乱れ成長期が終了してしまうことが考えられます。そのため十分に髪の毛が成長することなく細く短い毛髪が多くなることで全体として薄毛が目立つようになりそのまま放置しておくことでいずれハゲてしまいます。

 

そこで女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用としているイソフラボンを摂取することでDHTを抑制することができAGA対策・予防が期待できるとして薄毛や抜け毛の改善効果がみられます。

 

薄毛女子にも効果あり!

 

女性の薄毛、抜け毛の原因には様々な原因がありその一つとしてホルモンの乱れにより発症することもあります。そのためエストロゲンに似た作用によりホルモンを正常化し脱毛症の改善としても効果が期待できます。加齢により女性ホルモン減少としている中高年層においても抜け毛、薄毛の改善として多いに可能性があります。

 

とり過ぎに注意!イソフラボンの摂取量とは?

 

昨今では大豆イソフラボンのサプリメントなども販売されていますので手軽に摂取することができそれと同時に普段の食卓でも食べる機会が多くあります。そこでイソフラボンの過剰摂取により健康を害することで内閣府食品安全委員会が基準値の設定となりました。

 

1日のイソフラボン目安摂取量の上限は70~75mgとしており豆腐半丁(110g)では55mg、油揚げ1/2枚(75g)は52,5mg、きな粉大さじ1杯(6g)は15,6mgとしており普段の食事で簡単に1日の摂取量分をとることができます。そこでサプリなど日常利用している方においては1日の目安を超えないように気をつける必要があります。

 

イソフラボンを過剰摂取するとホルモンバランスが乱れ女性では生理不順や子宮内膜増殖症のリスクが高まってしまいます。そして男性においてもホルモンバランスが崩れ体調不良を引き起こすこともあります。

 

大豆イソフラボンは薄毛効果としても口コミ、体験談などで改善されたという方も多くいますが個人差もあり全ての人が効果が得られるとは限りません。そのため薄毛の進行が進む方はAGA専門クリニックや皮膚科などに早めに受診することをおすすめします。