「いわし」、「サバ」など魚の薄毛対策まとめ

M字ハゲから復活?「いわし」、「サバ」など魚の薄毛対策まとめ

肉食中心としている方は魚中心とした食事に変えることで薄毛やハゲ予防も期待できるとしています。そこで青魚の代表的ないわしやサバ、さんま、マグロなどで抜け毛・薄毛対策となるものか気になるところでもあります。魚においては特に若い年代では好き嫌いはっきりと分かれていますが髪の毛への影響や効能など知ることで今後の食生活を改めることもできるとしています。

 

ここでは青魚と薄毛、抜け毛の関係を検証しまとめてみましたので今後のハゲ対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

青魚のDHA・EPAで発毛・育毛期待!

 

  1. DHA
  2.  

    魚油に多く含まれオメガ3脂肪酸のひとつで不飽和脂肪酸に分類され、1日あたり1〜2g(1000mg〜2000mg)程度の摂取で効果が期待できます。マグロ刺身5切程度で約2000mg、サバの開き半分程度で約3000mg、鰹のたたき6切程度で約1000mgとしています。そして焼きイワシなら2尾ほどで一日分のDHAを摂取することができます。

     

    • 中性脂肪・コレステロールを下げ動脈硬化の予防
    • 血液サラサラ効果で高血圧予防
    • 学習能力の向上に痴呆・認知症・アルツハイマー病予防

     

  3. EPA
  4.  

    EPAもオメガ3脂肪酸という分類になり青魚に多く含まれておりドロドロになった血液をサラサラにしてくれる働きが高い成分としています。

     

    • 動脈硬化の改善
    • 花粉症・アトピーの症状軽減・改善
    • 中性脂肪を減少
    • ダイエットに効果的
    • 血圧を下げる

 

DHA、EPAは人間の体内で作り出せない成分で食事により摂取しなければいけない必須脂肪酸となります。どちらとも主に動脈硬化の予防や改善としており血液をサラサラにしてくれますので血流の促進により抜け毛予防や髪の発育など頭皮の健康に良い効能としています。

 

そのためイワシやサバなどの青魚で薄毛対策が期待でき発毛としても効果があるとしています。そして魚には髪の毛の生成に欠かせない良質なタンパク質も含まれておりまたタンパク質の吸収を助ける働きとするビタミンB6も豊富に含まれていますので発毛、育毛の促進にもつながるとしています。

 

イワシやサバにも多く含まれておりサバ水煮缶(190g)では四分の一、イワシ味付缶(100g)の場合は二分の一くらいで1日分の必要量を摂取することができます。

 

薄毛女子には特におすすめ青魚!

 

イワシやサバには薄毛改善としての効果が期待でき女性に嬉しい美肌効果作用もありますので肌スベスベとなりながら髪の毛のボリュームアップとすることも!そしてダイエット効果としても期待できますので肥満予防に健康維持や促進などメリットがたくさんあります。

 

もちろん男性においてもその効果はありますのでハゲ対策と同時に健康体のサポートとして積極的に取り入れたい食品となります。しかしながらAGA発症とし現在進行中の方ではイワシやサバを毎日食べたとしても元のヘアスタイルに戻すにはさすがに無理があるとしています。

 

そのため男性に限らす、女性の薄毛の改善が見られず進行状態としている場合には早急にAGAクリニックや皮膚科の病院に受診することをおすすめします。