薄毛とミネラルの関係性

スポーツ選手の好物!薄毛とミネラルの関係性

ミネラルは人間にとって必要な栄養素として知っている方も多くいるかと思われますが健康によいものもあれば有害としているものがあるのはご承知でしょうか?そしてミネラルは男性や女性の髪の成長においても深く関わっているとしています。そこでここでは薄毛・抜け毛とミネラルの関係性を検証しまとめてみましたので今後のハゲ対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

髪の成長に欠かせない必須ミネラルとは?

 

ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、ヨウ素、鉄の他全部で16種類のアミノ酸を必須ミネラルといい身体の健康を整える必要不可欠な成分としています。そしてこれらのミネラルは薄毛対策として発毛・育毛としても有効として摂取しておきたい成分でもあります。

 

髪の毛に必要なたんぱく質の合成に欠かせないのが亜鉛としておりまた代謝を助ける働きをして毛髪を活発に作り出すために必要なミネラルとしているのがヨウ素となりその他のアミノ酸においても髪を育てる役割を担っています。そこで必須ミネラルだけでは発毛とはいきませんので良質なタンパク質にビタミンもバランス良く摂取することで相乗効果で薄毛改善が期待できるとしています。

 

薄毛・抜け毛原因のミネラルとは?

 

カドミウム・水銀・鉛・ヒ素・アルミニウムは男女の薄毛としている方を対象に毛髪を分析した結果、蓄積されている有害ミネラルとしています。近畿大学とリーブ21の協同研究により解明されたものでもちろん一般の男女にも蓄積されてはいますがAGA男性や薄毛女子に対しては蓄積量が多い傾向としているようです。

 

そこで有害ミネラルは髪の毛に悪影響を及ぼすことがあり薄毛や抜け毛などを進行させる可能性もあるとしています。それならば摂取しないように気を付ければ良いのでは?と思われますがそれらは生活していくなかの日常において知らずに体内に取り入れているものも少なくありません。

 

食品の添加物やタバコ、排気ガスの他普段使用しているアルミ鍋からも調理の際に成分が微量ですが溶けだしています。またお魚は海水に流れた有害物質のなかに生息していますので私たち消費者が口にしている魚介類においても微量ながら有害ミネラルの水銀が含まれています。

 

有害ミネラルをデトックスする方法

 

有害ミネラルは体内だけではなく皮膚からも吸収することもあり体の中で蓄積されることで身体に悪影響とする成分としています。しかしながら先ほども記載しましたが普段の生活において自然に取り入れてしまうことは致し方ありませんので体にためることなく便や尿、汗などによって排出することができますので安心しても良いようです。

 

  • 水分をとり汗をかく
  • 腸内環境を整える
  • キレート効果のある食品を食べる
  • リンパマッサージ

 

善玉菌の栄養源であるオリゴ糖や食物繊維を多く含む食べ物、味噌、ヨーグルトなどの発酵食品などは便通を良くしてくれますので積極的に取り入れたい食品としています。またビタミンAやC,Eそれにキレートと呼ばれる含硫アミノ酸のにんにくやたまねぎ、大豆、麻そしてタウリンなどに含まれるイオウを含んだアミノ酸などは有害ミネラルを体外に排出してくれる作用があります。

 

有害ミネラルは適度な運動に水分補給、バランスのとれた食事をすることでデトックス効果が発揮され抜け毛や薄毛対策とすることができます。