レバーは発毛・育毛を狙えるの?

苦手でも我慢!レバーは発毛・育毛効果を狙えるの?

薄毛や抜け毛で悩まれている男性、女性では毎日の食事で改善できるのであれば早速試したいという方もいるのではないでしょうか。そこでここではレバーに注目し発毛や育毛としての効果があるのか検証してみましたのでこれからの薄毛対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

レバーの栄養と効果を検証!

 

  • 亜鉛 新陳代謝を促す効果、味覚を正常に保つ効果、生殖機能を正常に保つ効果などがあり他、タンパク質の合成に欠かせないもので抜け毛の原因である5αリダクターゼを抑制する働きがあるとされています。

  •  

  • ビタミンB群 B1、B2、B3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)、B6、B12、葉酸はタンパク質を体の中で利用するために必要とし髪を作り出す毛母細胞の働きを活発にして発毛を促進します。特にB2は動脈硬化予防や皮膚、髪の健康を保つ働きがあります。
  •  

  • 鉄分 血液中のヘモグロビンを生成し全身の細胞に酸素を届けるとして毛母細胞や毛乳頭にも酸素が必要とし運び込まれ頭皮に栄養が届きやすくなります。

 

レバーは鉄分、ビタミンA、ビタミンB2、ビオチン、葉酸の栄養素5分野で含有量トップとして驚異的な食品として注目されています。様々な効能としているなかで薄毛改善や発毛・育毛としてもレバーは効果として期待大としています。

 

そして低カロリーかつ低脂質な良質なタンパク源でありますので髪の栄養として生成の役割もあり積極的に摂取したい食品となります。特に鳥・豚レバーがおすすめで焼肉や焼き鳥、レバーにら炒めその他野菜と一緒のメニューを増やすことで飽きることなく取り入れることができ薄毛対策だけではなく健康維持や促進としても期待できます。

 

レバーの食べ過ぎに注意!

 

体に良いレバーは薄毛予防、改善として発毛や育毛においても期待できますが過剰摂取により逆に健康を損なうことも考えられます。レバーにはビタミンAが大量に含まれていますが体内に蓄積されるビタミンとしていますので多くとり過ぎることで頭痛や吐き気などの症状があらわれることがあるようです。

 

特に妊娠初期としている妊婦さんにおいては胎児への影響も考えられるとして食べ過ぎには注意しましょう!

 

レバーでAGA改善できる?

 

AGAの主な原因としているDHTを抑制する作用としているレバーにより薄毛や抜け毛の改善につながるとしていますが男性の脱毛症には様々な要因がありますので必ずしも皆が発症、進行を抑えるとは限りません。そこで効果がない方や抜け毛などの改善が見られない場合には手遅れになる前に専門クリニックでの受診をおすすめします。

 

男性型脱毛症は早期治療とすることで進行を止め発毛、育毛とすることもできます。生活習慣や食生活を見直しながら薬の服用や外用薬、育毛セラピーなどにより早くに治療効果が期待できるとしています。

 

また女性に多い貧血や栄養不足が原因とする薄毛改善においては男性よりも効果が期待できるとしていますが変化が見られない場合にはやはり薄毛治療専門としている病院やクリニックに一度受診することが良いかと思われます。髪は女性の命でもありますので若い女性に限らず年齢を重ねた中高年層の方においても発毛・育毛の治療に前向きに検討したいものです。