毎日納豆食べると薄毛対策の効果ある?

毎日納豆食べると薄毛・AGA対策の効果ある?

美肌効果にも良いとされている納豆はダイエット情報でも度々耳にすることもあります。健康食として日本人の多くが口にしていますが食わず嫌いとして口にしたことがないという方も実は少なくないようです。しかし毎日、納豆を食べることで薄毛対策に効果があるならチャレンジしてみる価値はあるようです。

 

日本人の3人に1人がAGAで悩んでいると言われ昨今では女性の薄毛や抜け毛においても増加し話題となっています。身近なところから薄毛治療できれば高いお金をだして治療する必要もないとしています。そこでここでは納豆とAGA・薄毛の関係を検証しまとめてみましたので今後のハゲ対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

納豆(イソフラボン)に薄毛治療の効果あり!

 

  • AGAの原因DHTを抑制
  •  

    男性ホルモンの過剰な分泌により男性型脱毛症が発症、進行するとしていますが納豆には女性ホルモンの1種エストロゲンに似た成分がありこれにより男性ホルモンを抑えることが期待できます。そしてテストステロンという脱毛の原因物質DHTを抑制することも可能としていますので脱毛の進行を抑えることができるとしています。

     

  • 細胞を活性化
  •  

    細胞を活性化して毛母細胞に髪の毛を作るように促す物質としIGF-1というものがあり納豆のイソフラボンにはそれに働きかける物質を作り出すことができるとして育毛効果として期待できるとしています。

     

  • 毛細血管を太くする
  •  

    納豆の大豆にはビオチンというビタミンがあり毛細血管を太くする作用があるとしてこれにより頭皮まで栄養が行きわたり育毛効果が期待できるとしています。

     

  • 血液サラサラ効果
  •  

    納豆のネバネバ成分にはナットウキナーゼという酵素が含まれており血栓を溶解する作用があります。そして血液の流れをサラサラにする効果がありますので栄養が頭皮まで行きわたります。

     

 

キムチに含まれるカプサイシンと納豆のイソフラボンを同時に摂取することで更に相乗効果として薄毛対策が期待できるようです。カプサイシンには新陳代謝をあげ血流を良くし毛根を活発化してくれます。そしてIGF-1を大量生成する作用として2つを食べることでDHTを抑え育毛に必要な成分を作り毛乳頭に運ばれ活発な髪の毛を作るとしています。

 

1日何食が発毛効果ある?

 

薄毛対策とするなら納豆は毎日1パックまたは多くても2パックが妥当としています。それ以上の摂取は避けるべきとしてイソフラボンを過剰摂取するとホルモンバランスが乱れ女性では生理不順や子宮内膜増殖症のリスクが高まってしまいます。

 

納豆1パックに含まれる大豆イソフラボンの量はおよそ37mgでイソフラボンの摂取上限量は1日70~75mgとしていますので多くても2パックとしています。また血栓症患者で血栓を溶かす作用のある薬を服用している方においては過剰摂取すると副作用を引き起こすとして納豆は控えなければなりません。

 

納豆で薄毛治療の効果まとめ

 

100%の効果があるとはもちろん言えませんが口コミや体験談においては効果を感じる人感じない方など様々としています。そこで薄毛治療として格安でできますのでやってみて損はないようです。薄毛だけではなく体に良い食品としても知られていますので毎日納豆を食することで薄毛・抜け毛効果はもとより健康体とすることが期待できます。