薄毛悩みの救世主?コラーゲンの育毛効果

薄毛悩みの救世主?コラーゲンの育毛効果

美と深い関わりがあるとされているコラーゲンは薄毛対策となるのか気になるところでもあります。今や若い人から中高年層まで美肌や健康促進のため積極的に取り入れている人も多くおり芸能人やモデルさんなんかも必須としているようです。そこでここでは薄毛の悩みの解消となるのか!コラーゲンと発毛・育毛効果を検証しまとめてみましたので参考としてご覧くださいね!

 

コラーゲンとは?

 

タンパク質のひとつで体内に存在しているコラーゲンの総量は人間では全タンパク質のほぼ30%を占める程多いとしています。皮膚だけでなく骨や血管、関節などにも含まれており年齢と共に減少してしまうことで皮膚の老化や関節の痛みなどを引き起こし加齢による抜け毛や薄毛においても関係があるとしています。

 

そこでコラーゲンを含む食品としては肉類では特に皮・軟骨・骨・筋の部分で鶏皮、鶏軟骨、スジ肉などとなっています。そして魚類では特に皮・骨の部分でサケ、うなぎに多く含まれておりゼラチン、ゼリー(増粘多糖類ではなくゼラチンで作ったものに限る)が挙げられます。また健康食品としてコラーゲン入りのドリンクやサプリメントなどもあり化粧品でも配合された商品が数多く販売されています。

 

加齢による減少を補うためや更に若々しさを求める方においては積極的に摂取する人も多くいますが実は美肌や関節に対する効果は科学的根拠がないとも言われているようです。そもそもタンパク質は体内に摂取すると消化、吸収されコラーゲンそのものが分解されてしまうことがわかっています。

 

しかし肌のハリや弾力や関節をスムーズに動かす、骨を丈夫にしたり血管のしなやかさを保つなどさまざまな働きがありますのでコラーゲンはなくてはならない成分としています。

 

健康な頭皮にはコラーゲンが必要不可欠?

 

体内にあるコラーゲンのうちその多くは皮膚に存在しており約40%を占めているのですから健康な頭皮を保つためには必要としています。そして髪の毛の成長に欠かせないのはやはり土台となる頭皮環境が整えられることも条件の一つとしています。

 

そこでコラーゲン摂取により薄毛改善となるのか気になるところでもあります。アメリカの毛髪の研究によるとコラーゲンを一日14g、2ヶ月摂取した方によると髪の毛が10%太くなったという結果もあり血行が促進され髪の毛の発育に影響を与え毛乳頭が活性化し発毛に影響したと考えられるようです。

 

そのため薄毛や抜け毛で悩んでいる男性や女性においては積極的にコラーゲンを摂取することで発毛・育毛効果はなきしもあらずとして試す価値はあるとしています。

 

コラーゲンの過剰摂取に注意!

 

  1. アレルギー反応により湿疹ができる
  2. 大量の摂取により蓄積され肝臓に負担
  3. 吸収しきれないため他の栄養素までもが一緒に排出される

 

アンチエイジングや美肌効果としても注目されているため特に女性にとっては大量に摂取して更に若々しくなりたいと考えている方もいるのではないでしょうか。また実際に薄毛の方においても抜け毛や毛髪の成長に関わるとして男性においても関心を高めている方も多いようです。しかし身体によい栄養素ではありますが過剰摂取により上記の副作用が考えられますので過度な摂取は控えなければなりません。

 

そこでサプリや栄養ドリンクなどで摂取する場合には注意事項を確認してからの服用としておきたいものです。またコラーゲンの摂取だけで毛が生えてくることは期待できませんので生活習慣を見直しバランスの良い食事に適度な運動、ストレスをためない生活も心がけたいものです。

 

そして脱毛症の進行が著しい方は専門クリックや皮膚科により本格的な薄毛治療により発毛・育毛が期待できるとしています。