女性はコーヒーを飲むと薄毛になる?

女性はコーヒーを飲むと薄毛になる?

至福のひとときとしてコーヒーを自宅やカフェ、仕事場などで好んで飲んでいる方も多いのではないでしょうか。コーヒーが苦手という方ももちろんいますが若い年代から高齢者までコーヒーを愛飲している人は、国内のみならず世界各地としています。そこでコーヒーが女性の薄毛に関係あるのではという情報に関心を高めている方もいるようです。

 

特に現在薄毛や抜け毛の兆候があるという女性にとっては、コーヒーが原因となれば居ても立っても居られないという方もいるはずです。それだけ生活の一部としているため飲めなくなってしまうことは一大事でもあります。そこでここではコーヒーと髪の毛の成長との関係を検証しまとめてみましたので、これからの薄毛対策として参考としてみてはいかがでしょうか。

 

また抜け毛を回避するための飲み方のポイントも紹介していますので必見となっていますよ!そして女性だけではなく男性の脱毛症で悩んでいる方も例外ではありませんので最後までご覧くださいね!

 

女性の薄毛原因にカフェインがある?

 

  • 亜鉛の吸収を妨げる
  •  

    特に食後にコーヒーを飲むことで亜鉛・鉄分の吸収を妨げてしまうことが分かっています。亜鉛は髪の毛の生成に必要な成分としていますので減少することで薄毛、抜け毛が促進されることになります。そのため食事をして少し時間をおいてから飲むように心がけたいものです。

     

  • 覚醒効果により睡眠不足
  •  

    睡眠不足は健康を損なう原因としており髪の毛の成長においても阻害してしまいます。身体も毛髪も寝ている間に成長しますので、良質な睡眠は薄毛改善にしても欠かせないとしています。そこでカフェインの効果が完全に切れるまでには、約5~6時間必要としていますので寝る前のコーヒーは厳禁としています。

     

    特にゴールデンタイムとする夜22時から2時までの4時間が最も成長が著しい時間帯としていますので、ぐっすりと寝て抜け毛や薄毛対策としたいものです。

     

  • 体を冷やす
  •  

    身体を温めるつもりのコーヒーは実はとり過ぎにより冷え性を起こすこともあります。冷えは血流を悪くし血行不良となることで栄養が毛髪に行き届かず抜け毛や細いハリのない毛となることが予想されます。

 

カフェインが含まれていることで上記の作用があげられ女性はコーヒーを飲むと薄毛、抜け毛の原因の一つとしておりこれは男性においても同様としています。そのため薄毛女子だけではなくAGAとしている男性においても飲み方に注意する必要があります。

 

適度なコーヒー摂取で薄毛対策も期待!

 

カフェインの薄毛効能

 

  1. 毛細血管を拡張し血液の循環を良くする
  2. 尿の排出が増え薄毛原因であるジヒドロテストロンを効率よく排出

 

抜け毛や薄毛の要因としているコーヒーは、適量であれば逆に薄毛予防とすることも期待できるとしています。もちろんコーヒーだけで発毛や育毛効果はありませんが、過剰摂取としなければ身体に害とすることはありませんので心配することなく飲んでも構わないとしています。

 

コーヒーを飲むことで気持ちが落ち着くという方も少なくありませんので絶つとなればストレスを感じ余計に毛髪の成長を妨げる結果につながることも考えられます。

 

成人のカフェインの一日の適切な摂取量は3gとしコーヒー1杯だと150mgとしていますので目安にして一日のカフェイン摂取量を超えないようにすることが重要としています。

 

毎日1~2杯のコーヒーで健康促進!

 

飲みすぎによりカフェイン中毒になると胃痛や吐き気、睡眠不足など引き起こすこともありますが、適量であれば身体にとって良い飲料でもあります。それは善玉コレステロールを増やすことがで動脈硬化を予防をすることもでき、リラックス効果によりストレスの軽減になります。ストレスは様々な病気の引き金となりますので解消することができれば健康につながります。

 

夕方以降はなるべく避け10時や14時の休憩時のコーヒーでほっと一息つくのも健康、薄毛改善が期待できるのではないでしょうか。