「牛肉」VS「豚肉」育毛効果で優秀なのはどっち?

「牛肉」VS「豚肉」育毛効果で優秀なのはどっち?

若い年齢層においては肉中心とした食習慣としている人も多いのではないでしょうか。しかしとり過ぎにより健康を阻害することもありますので適度に適量としておきたいものです。そして年を重ねることで脂質の多い食事は敬遠されがちとなりますが、実は豚肉や牛肉、鶏肉など肉類で薄毛改善が期待できるとして関心を高めている方も少なくないようです。

 

そこで近年では若い年代でもAGA発症する人もおり働き盛りとする男性においても抜け毛が増えるなど悩んでいる方もいます。また女性においてもストレスやホルモンバランスにより薄毛となる人もおり、肉好きな方では朗報でもあり牛肉と豚肉のどちらが育毛効果があるのか気になるところでもあります。

 

ここでは肉と髪の毛の成長の関わりについて検証しまとめてみましたので、これからのハゲ対策として参考としてご覧くださいね!

 

肉が育毛効果とする理由とは?

 

髪の毛の成分はタンパク質でできていることはご存知の方も多いかと思われますが、その99%がケラチンとなっています。毛髪の原料となるのはタンパク質ですので牛肉や豚肉、鶏肉は重要なたんぱく源となることは必然的としています。そして肉類にはアミノ酸やビタミン、ミネラル、コラーゲンが含まれ発毛や育毛に効果的な亜鉛やビタミンB群も豊富としています。

 

肉のとり過ぎで抜け毛促進?

 

肉類の脂身には飽和脂肪酸が含まれており食べ過ぎることで動脈硬化や脳梗塞、肥満を引き起こすことが分かっています。そしてタンパク質は髪の毛を作る必要不可欠な栄養素でもありますが、肉中心とした食生活は薄毛を促進しています。そのため魚や大豆などからもたんぱく質を摂取することができますのでバランス良く食べ、野菜やフルーツなど一緒に取り入れることが大事となります。

 

果たして牛肉と豚肉はどっちが育毛に有効?

 

  1. 豚肉はビタミンB群が宝庫
  2.  

    疲労回復に効果的としている豚肉は牛肉よりも約5倍のビタミンBが含まれていると言われています。そしてタンパク質はもちろん必須アミノ酸も豊富に含まれ血管を拡張するはたらきや動脈硬化、高血圧の予防とすることができ髪の毛の生成においての役割を果たしてくれます。

     

  3. 牛肉には亜鉛が豊富
  4.  

    タンパク質や脂質、ビタミンB2を多く含んでおり特に赤身には鉄や亜鉛、リンなどのミネラルが豊富となっています。髪の毛のサイクルを正常化する効能として牛肉には亜鉛が含まれていますので成長を促すことが期待できます。

 

発毛育毛に必要な栄養素としてタンパク質、亜鉛、ビタミンB群が必要とされ、豚肉や牛肉にもそれぞれの栄養素が含まれていますので薄毛改善としても効果が期待できるとしています。そこで亜鉛を含む肉として牛モモ肉や豚レバーには豊富に含まれ、髪の毛になるケラチンタンパク質を作る働きがありますので必須とする栄養素となります。

 

そしてタンパク質の分解や髪の毛の成長促進、頭皮の皮脂分泌量の制御などの働きとするのがビタミンB群として豚肉や牛レバーに含んでいます。そこで本題となる牛肉と豚肉のどちらが育毛効果があるのか?ビタミンB群が豊富としている豚肉が有利としていますが、それ程こだわる必要はなくバランス良く肉類を摂取することが大切となります。

 

牛肉も豚肉もそれぞれ薄毛改善が期待できる栄養素が含まれていますので、偏ることなく鶏肉を含め平均的に食べることが健康維持にもつながるとしています。

 

忘れてはいけない?鶏肉の育毛効果!

 

脂肪が少なくビタミンAやビタミンB6、ナイアシンを多く含んでおり、特に皮や骨まわりの部位はコラーゲンが豊富で美肌効果や健康な髪の生成にもつながります。国内で手軽に食べれる肉は豚肉、牛肉、鶏肉
がありますが実は薄毛対策としておすすめなのが鶏肉でもあるようです。コレステロールや脂質を抑えることもできますのでダイエットしている方でも気軽に摂取することができます。

 

しかし何事もバランスが大事となりますので、毎日の献立に野菜もプラスしてそれぞれの肉を日替わりに適度な量を取り入れることをおすすめします。