「リンゴ」や「バナナ」に育毛効果はあるの?

「リンゴ」や「バナナ」に育毛・発毛効果はあるの?

果物にはビタミンが豊富に含まれていることは認知されていますので、フルーツダイエットと称して減量や美肌効果、アンチエイジングとして積極的に摂取している方も多いのではないでしょうか。そこでその中でも健康によい栄養価の高いリンゴやバナナで育毛効果があるのか気になるところでもあります。

 

好き嫌いが激しい方でも果物なら好んで取り入れることができますので、薄毛改善ができるのか興味深いものでもあります。そこでここではリンゴ・バナナと毛髪の成長の関係を調査しまとめてみましたので参考としてご覧くださいね!特にAGA症状として気になる男性や薄毛、抜け毛で悩んでいる女性は必見となっていますよ!

 

りんごで薄毛対策!効果を検証!

 

  • 100種類以上のポリフェノールで抗酸化作用や脂肪低減作用、老化防止効果、薄毛改善効果
  • 体内の過剰な塩分を排出するカリウム
  • 整腸作用のある食物繊維ペクチン
  • 有機酸やビタミンC、ミネラル類で美肌効果

 

りんごは高血圧の予防や血中コレステロールの降下、便秘解消、疲労回復、虫歯予防など「1日1個のりんごは医者を遠ざける」とも言われるほどに健康維持・促進に効果的としているフルーツでもあります。そしてりんごには育毛効果としても期待でき実際に毎日摂取した方では発毛や硬毛化を実感した人がいます。

 

特にポリフェノールのプロシアニジンは頭皮の血行を促進し発毛を促す作用があり、毛母細胞を増加させヘアサイクルを正常化する働きがあるとしてリンゴは育毛効果が期待できるとしています。そして鉄、カリウム、亜鉛、ビタミンCなど髪の毛の生成に必要な栄養素も含まれていますので薄毛改善として毎日取り入れたい食品となります。

 

リンゴは皮の近くや赤い完熟したものよりどちらかといえば未熟なリンゴや青りんごにポリフェノールが多く含んでいます。1日1個を目安に皮ごと食べることでAGA薄毛・抜け毛予防することが期待できます。

 

栄養価の高いバナナで発毛・育毛を目指す!

 

  • ポリフェノール
  •  

    頭皮の老化を防ぎ毛根の細胞を活性化させる働きがありますので髪の生成が期待できます。

     

  • トリプトファン
  •  

    必須アミノ酸の一つで3大神経伝達物質セロトニンを生成するために必要な栄養素でもあり、アミノ酸は髪の毛になるたんぱく質を構成する成分としています。

     

  • ビタミンB6
  •  

    髪の毛を作るためには欠かせない成分で、ケラチンたんぱく質を形成する上で重要な役割となっています。

 

1年中手軽に食べることができ安価としていますので、誰でも薄毛・抜け毛改善することができバナナで発毛を促すことも期待できます。最近抜け毛が増えたという男性や髪にハリが無くなってきたという女性においては試しにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

 

またバナナはエネルギー補給が長時間持続するとして、スポーツ選手が摂取している姿がよく見られます。そしてカリウムや食物繊維も多く含み腸内環境改善により大腸がん予防とし、ポリフェノールによる抗酸化作用や免疫力を高める効果やセロトニンにより精神を安定させる効果もありますので健康にもよい食品となっています。

 

しかしバナナやリンゴだけに頼らず総合的にバランスの良い食事を心がけ、生活習慣においてもAGAや薄毛の原因を取り除く必要があります。それでも抜け毛が改善されない場合には薄毛治療の専門クリニックや皮膚科での受診をおすすめします。

 

リンゴやバナナは朝昼夕いつ食べるべき?

 

朝のくだものは金ということわざもありますがおすすめはやっぱり朝食に食べることが育毛効果とし美肌にも良いとしています。そして朝フルーツとしてリンゴやバナナだけではなく、みかんやキウイなど季節の果物も積極的にとりたいものです。

 

そこで注意点として果物には糖がかなり含まれていますので、たくさん取り入れることで肥満やメタボの原因となりかねませんので過剰摂取は控えなければなりません。