豆腐と「唐辛子」、「キムチ」の組み合わせで薄毛改善?

豆腐と「唐辛子」、「キムチ」の組み合わせで薄毛改善?

ダイエットや健康促進・維持に一役かっているのがスーパーフード豆腐となります。そこで豆腐とカプサイシンの代表的なキムチや唐辛子を一緒に食べることで薄毛や抜け毛改善となるのか?また発毛、育毛としても効果があるのか気になるところでもあります。コンビニでもどこでも購入することができる身近な食品としていますので、薄毛ハゲ対策となるならぜひ試したいという方もいるのではないでしょうか。

 

ここでは口コミや体験談などにも注目しその効果を検証しまとめてみましたので、今後のAGA、薄毛予防として参考としてみてはいかがでしょうか。

 

イソフラボン+カプサイシン=薄毛改善!

 

豆腐にはイソフラボン成分が豊富になり唐辛子やキムチにはカプサイシンが多く含んでいますので、組み合わせて食べることで薄毛改善が期待できるのは当然とも言えます。それぞれ単品でも抜け毛や薄毛対策とする栄養素が含まれていますが、同時に摂取することで効果倍増として発毛、育毛においても期待できるとしています。

 

名古屋市立大学教授を経て現在名古屋Kクリニック院長の岡嶋氏によると、成長因子であるIGF-1を最も効率よく増やす食べ物の組み合わせが唐辛子と豆腐であるとしています。IGF-1は毛母細胞を刺激して発毛を促す働きがありますので薄毛改善として発毛が期待できるとしています。

 

  1. イソフラボン
  2.  

    女性ホルモンのエストロゲンに似た作用としているイソフラボンは、AGA発症の原因としているDHTを抑制する効能があるとして薄毛予防として注目されています。

     

  3. カプサイシン
  4.  

    体内で血行を良くしたりアドレナリンの分泌を促進する効果があり、髪の毛母細胞を活性化する作用もありますので毛髪の成長を促す成分があります。

 

豆腐と唐辛子・キムチの組み合わせで薄毛対策や改善ができるとして、毎日摂取することで体験談のなかには発毛が見られたという方もいます。また抜け毛が少なくなったとして改善が見られる人もいます。そこで毎日摂取したい食品ですが飽きてしまう方もいますので、多様なレシピにより楽しみながら食べることで苦にならず取り入れることができるとしています。

 

夏には冷奴にキムチを乗せさっぱりして食することができ、冬ではキムチ鍋に豆腐はもちろん欠かせず美味しく食べることができます。また豆腐の味噌汁に唐辛子を振りかけたりするなど手軽にできるものから、クックパッドなど利用してレパートリーを増やすことで料理の腕もアップするかもしれませんね!

 

そしてイソフラボンは豆腐だけではなく納豆や大豆商品に置き換えて料理しても同様な効果が期待できるとしていますので、チェレンジしてみてはいかがでしょうか。しかし薄毛改善の効果が見られない場合には専門クリニックや皮膚科での受診がおすすめです。特にAGAは早期治療が今後の発毛や育毛に大きく関わるとしていますので、食事療法だけに頼らずに切り替えする決断も必要となります。

 

豆腐の栄養素が気になる!

 

良質なタンパク質、イソフラボンが豊富と含まれており炭水化物、脂質、カルシウム、ビタミン、鉄、その他、健康に欠かせない栄養素があるのが豆腐となります。その効能は薄毛改善はもちろん美容効果やダイエットとしても注目されており健康効果としても認知されています。

 

  • 大豆サポニンにより中性脂肪を減らす
  • イソフラボンにより女性ホルモン低下の症状改善
  • 大豆ペプチドにより基礎代謝向上
  • オリゴ糖により便秘改善
  • レシチンにより脳の活性化
  • リノール酸によりコレステロール値の低下
  • 良質なたんぱく質により高血圧予防

 

ちなみに豆腐には2種類あり木綿300g(1丁)は216㌔カロリー、絹ごし300g(1丁)は168㌔カロリーとしています。

 

注意!豆腐の食べ過ぎで下痢?

 

豆腐をつくる時に欠かせないのは凝固剤のにがりが使用されますが、その主成分塩化マグネシウムは整腸作用があり便秘に効果がありますので病院で下剤としても使われています。そのため過剰摂取することで便の軟化や瀉下作用がでると考えられています 。