60代・70代の老後でも植毛できる?

高齢者必見!60代・70代の老後でも植毛できる?

近年では食物が豊富に溢れ医療が進化していますので平均寿命が長く、特に健康志向の関心が高い日本は世界でも男女共に寿命はトップクラスとなっています。そのため60歳を過ぎてもまだ高齢と感じている人は少なく、70歳においても元気な方がたくさんおり余生を楽しんでいる方もいます。

 

しかし年齢と共に体のあちこちに支障がでることは致し方ないとし、加齢による抜け毛や薄毛などに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。年相応に髪の毛のボリュームが少なくなってしまうことは仕方ありませんが、まだ気持ちは若く、仕事や趣味、恋愛を桜花している方もいますので、見た目においても気を使うのも身だしなみの一つとしています。

 

そこで60、70代でも植毛できるのか?気になる男性、女性も少なくないようです。ここでは自毛植毛がいつまで可能か検証しまとめてみましたので、薄毛やハゲで悩んでいる方は今後ののライフステージの一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

 

60歳からの自毛植毛について

 

結論から言えば、60歳、70歳、80歳であろうと自分の後頭部や側頭部に移植できる毛が残っていれば、自毛植毛は可能としています。しかしそれには持病や体力、費用など問題がありますがクリアすることで手術を受けることができます。

 

  1. メスを使わない植毛手術
  2. 体にそれ程、負担になることはない
  3. 安全性が高く、メンテナンスが不要

 

上記により昨今では60代からの自毛植毛をする人が増えているようです。また人口毛植毛も可能としていますが、拒絶反応により体の負担も考えられますので毛が残っている場合には自毛での移植が適切でもあるようです。

 

60代、70代の植毛で気になる点

 

  • 採取するドナーが少ないと、理想したヘアスタイルが難しいことも
  • 移植した後に数年後には白髪・抜け落ちることも
  • 加齢により定着率がさがることも

 

年をとっても髪の毛がフサフサとしている方も中には存在しますが、多くの男性は髪の毛が薄くなり、抜けてしまう老人性脱毛症の症状としてあらわれる人もいます。それは60代以降から見られ、加齢による血行促進が低下し毛乳頭細胞の活性が悪くなることから毛の成長が徐々に衰えるとしています。

 

そのためAGAに影響しないドナーを移植しても、加齢による抜け毛が始まることも予想されます。また実は60歳以降にAGA発症する方は50%以上としていますので、移植後に周りの毛が進行により抜け落ち、不自然に植毛した部分だけ残ってしまうことも考えられます。

 

そこで60代、70代でいつまでも髪の毛を残したいのであれば、老人性脱毛症とAGAの両方の対策が必要となります。それには定期的な運動をこころがけ、頭皮マッサージなどすることで血行が促進され、治療薬はAGAクリニックや皮膚科などで相談して服用することが必要となります。

 

シニアからも人気の植毛クリニックは?

 

アイランドタワークリニックは、累計症例数が20,000以上としておりその中には60代の男性も含まれています。70代の方の植毛は確認されていませんが、年齢制限がない自毛植毛としていますので不可能ではありませんので無料カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか。

 

そしてこちらではメスを使わない安全なダイレクト法を使用していますので、体の負担が少なく定着率が高いことでも評判となっています。アフターケアも充実していますので術後の経過においても安心で、女性の植毛も実施していますので男女ともに注目しておきたい植毛専門クリニックとなります。

 

自毛植毛ランキング