自毛植毛手術後は「タバコ」、「飲酒」はダメ?

自毛植毛手術後は「タバコ」、「飲酒」はダメ?

どのクリニックでも自毛植毛手術の際には、喫煙や飲酒は禁止行為として説明があります。これまで常にタバコが手放せなかった方や、毎日のように晩酌している方においては辛い日ともなるのではないでしょうか。そこでここでは植毛とタバコ、お酒の関係を検証してみましたので、今後のハゲ対策としても参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

自毛植毛術後の喫煙・お酒はNGの理由!

 

タバコ

 

体に害とするニコチンやタールは血管を収縮させる作用があり、血流が悪くなることが分かっています。そのため移植した毛の定着率を下げてしまうことが考えられます。またタバコはAGAの進行に大きく関わっており、男性型脱毛症の原因であるDHTを増やす働きもあります。喫煙者は非喫煙者よりもそのDHTが高いことも実証されているようです。

 

そしてストレス解消としているタバコには自立神経にも関連しており、毛のサイクルを乱すとしています。また喫煙は髪の毛の発毛、育毛を妨げる作用があり、健康そのものに害を与えるものとしています。

 

お酒

 

飲酒により血行促進となり手術の際には出血が多くなることが考えられます。そのため植毛手術当日はもちろん、前日、術後においても禁酒となっています。

 

いつから解禁?タバコ・お酒

 

クリニックにより期間は異なりますが、最低でも1週間そして3週間禁煙の指示としているところもあります。特にタバコは上記でも記載した通り、薄毛や抜け毛の原因はもちろん、AGAの進行においても関係していますので、どうせならこのままタバコを止めてしまうのが良いとしています。しかし長らく吸い続けてきた方においては、そう簡単に禁煙することは難しいことは承知としています。

 

ですが高額な費用で植毛したのに、ハゲの原因の一つであるタバコを吸うことで今後も薄毛や抜け毛が進行してしまうことも考えられます。タバコを止めたから毛がフサフサになるわけではありませんが、今後の薄毛対策とするならタバコはマイナスで、また健康にも影響を与えるとしています。植毛をきっかけに、禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

そしてお酒、アルコールにおいては術後1週間は飲酒は避け、手術前日においても禁酒するよう指示があります。お酒はたしなむ程度であればAGAや薄毛の原因とはしていませんが、大量の飲酒となれば分解しきれずにアセトアルデヒドが体内に残ってしまい、DHTの増加させる要因としています。

 

また大量アルコールにより血液中の脂肪が増え血液の循環が悪くなり、頭皮への環境が悪化することが考えられます。ストレス社会において、飲酒は断ち切れないという方も多くいますが程々程度であれば、普段の生活においてはお酒はそれほど気にする必要はないようです。

 

女性薄毛とお酒、タバコの関係

 

薄毛は男性だけの問題ではなく女性においても加齢やストレス、ダイエットなどが原因でホルモンバランスの乱れにより毛が細くなったり、抜け毛となることもあります。その一つがびまん性脱毛症があげられ、AGA男性のようにハゲになるわけではありませんが、頭頂部が薄く地肌が透けて見える症状としています。

 

主婦やOL女子においても喫煙している方は珍しくもありませんが、薄毛や抜け毛で悩んでいる方においてはやはり禁煙することが望ましいとしています。そしてお酒においてはストレス発散もでき、血行が良くなりますので少量であればおすすめでもあります。

 

びまん性脱毛症の植毛は医療技術の発達により昨今では可能としていますが、検討しているなら女性の手術症例数が多数としているクリニックでカウンセリングから初めてみてはいかがでしょうか。

 

自毛植毛ランキング