植毛の失敗確率ってどのくらい?

自毛植毛の失敗確率ってどのくらい?

薄毛やハゲでこれまでに悩んでいた方にとって植毛の技術は画期的で、これから自信を持って生きる要といっても過言ではありません。しかし必ず成功するとはクリニックの医師も断言することはできないようです。何かしらの要因により、植毛が失敗してしまうことも考えられるとしています。

 

もちろん自毛植毛の失敗確率は少ないとしていますが、これから手術を受ける方や検討している方は事前にそのリスクを知っておく必要があります。また自分なりの対処法を知っておくことで避けることも期待できるとしています。

 

定着率が悪く抜け落ちた!

 

近年の植毛技術においても100%生えてくるとは言えませんが、手術を受けた多くの方が毛が生えてくる実感を感じています。しかし中には生えてきたと思ったら抜け落ちてしまった!という方や一部だけ生えてこなかったという方も。そして予想よりも密度が少ないという方もいます。

 

ショックロス現象

 

手術を受けた全ての人が必ずなるとは限らず、およそ15~20%の方が植毛後の脱毛を感じているようです。しかしこの現象は一時的なものとしており、術後数週間後に抜けていき1、2ヵ月後に抜け毛が収まりその後、毛が生えてくるとしていますので実際には植毛の失敗にはなりません。

 

その原因は科学的根拠がないとしていますが、体質や麻酔薬のほか一度に高密度の植毛をすることで血液や栄養が十分に行きわたら無かったのではという説もあります。自毛植毛をしてから毛が抜けてしまったとなれば、失敗したのではと不安になる方もいるようですが安心しても良いようです。

 

アフターケアが原因

 

医師の指示に従わずに術後のケアをおろそかにすると大変なことになってしまいます。手術を受ければ以前のように毛がふさふさになると思うのは大きな間違いであり、植毛の失敗の要因となります。アフターケアを十分に行うことで生着率を高めることができるとしています。

 

クリニックでのカウンセリングの際には、注意事項など説明を受けていることは当然のこととしています。特に術後当日から1ヵ月は頭皮に気をつかい、洗髪や入浴、運動、タバコ、お酒など指示に従う必要があります。

 

未熟な医師が手術

 

自毛植毛は毛根から採取して移植しますが、その際には迅速な対応で行わなければ生きた毛根はダメージを与えてしまい定着率に大きく関わるとしています。そして採取する際に毛根をキズつけてしまったり、切断してしまうことにより生着率が低下してしまいます。

 

手術の合併症

 

手術中の不整脈や心臓発作、術後の感染症や腫れ、むくみ、血腫など発生の頻度は全体の1%も満たないものですが起きるリスクもあります。術中であればすぐさま医師による対処ができますが、その後の症状においては、大事に至らないためにも直ぐにクリニックで診察してもらいましょう。

 

植毛の失敗を最大限減らすには?

 

  1. クリニック選択
  2.  

    自分に原因があるわけではなく医師による失敗は、植毛クリニックを選択した自身にも落ち度があると考えるべきとしています。安いから、近いから、空いているからなど単純な理由で決めてしまうことで、回避できたリスクを背負うことになります。

     

    • 複数のクリニックのカウンセリングを受ける
    • 医師の実績症例やスタッフの人数なども把握しておく
    • 説明により手術法やリスク、注意点を確認する
    • 無理のない費用で明瞭な料金設定としているか確認

     

  3. 術後のケア
  4.  

    医師の指示に従い術後の生活をすることは最低限、守らなければいけないこととなります。そして自毛植毛は今後の治療が不要としていますが、移植していない部分はAGA進行としている場合にはハゲてしまうことも予想されます。そのためプロペシアなどの治療薬の服用を進めるところも多くあります。

     

    また術後のショックレス現象の発生頻度を減少させる効果もあるとして、アフターケアと同時にAGA治療薬を服用することもおすすめです。

 

自毛植毛の失敗確率はそれ程高くはありませんが必ずしも100%成功するとは言えません。そのため失敗しないためにはもちろん医師の技術力は大きいですが、自ら回避して確率を更に下げることも可能としています。

 

自毛植毛ランキング