20代前半の自毛植毛について

20代前半~後半の自毛植毛について

若い年齢のAGA発症においては、ハゲや薄毛は命に関わることではないにしろコンプレックスとして今後背負わなければならい問題としています。何しろ若ハゲは他人からは同情の目で見られたり、場合によってはバカにされることもなくしもあらずとしています。

 

また彼女ができない!就職が上手くいかない!などハゲを言い訳としてしまうことも。その気持ちも分からないわけではありませんが、自暴自棄となってしまう方もいるようです。そのため自ら問題を解決するために20代前半でありながら、自毛植毛を検討している方も決して多くはありませんが増えているようです。

 

ここでは若者の植毛や薄毛・抜け毛治療についてまとめてみましたので、今後の若ハゲ対策・改善として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

20代前半の若ハゲのクリニック治療法

 

  1. 医師の診断により薄毛や抜け毛の原因を知る
  2. 薬物療法としてミノキシジルやプロペシアを試し効果を見る

 

20歳や大学生でも自毛植毛する方も少なからずいますが、大半のAGAクリニックや病院では23、24、25歳ぐらいまでは経過をみてからの施術が好ましいとしているようです。そのため20代前半では自毛植毛をする前に薬物治療で薄毛を改善していくこととなるようです。しかし本人の希望により直ぐに植毛してもらいたいという場合には、ケースバイケースとして施術可能としています。

 

  • 客観的からみてAGA進行がかなり進んでいる
  • 自毛植毛の医師からの説明に十分理解している
  • 植毛により固定したヘアラインをつくると将来的に不自然になるリスクを理解

 

20代となればもう未成年ではありませんので親の承諾も不要で自己責任として判断、決定することができます。自毛植毛のメリットやデメリット、リスクを理解することで自分の意志で手術を受けることができます。

 

若者の自毛植毛の費用が気になる!

 

高額なイメージを持たれている方も多いようですが昨今では、植毛のニーズが高まっていることから手術を行っているクリニックが増えているのが現状としています。そのためキャンペーンとして割引など実施しているところもありますので、利用することで多少は安く行うこともできます。

 

しかし学生やまだホヤホヤの新入社員では、まとまったお金が用意できる男子は少ないはずです。そこで大半の大手AGAクリニックでは、分割や医療ローンなど利用することができますので無理なく施術を受けることができます。

 

約800本の植毛を60回払いの医療ローンの場合は月々9,900円程の支払い
ハゲ部分が少ないと費用が少なくて済む
500本から1,000本程度であれば100万以内も可能

 

20代前半のハゲや薄毛の植毛の大半はM字修正や生え際のへの移植として少量で済むこともあり、安い料金で終えることも期待できます。まずは無料カウンセリングで相談することで、適した移植本数を提案してくれますので気になる方は公式サイトで簡単に予約することができます。

 

若い年代(20前半)の自毛植毛おすすめクリニックはココ!

 

アイランドタワークリニックは20代の植毛実績経験もあり、国内に4院展開しており交通費や宿泊費用なども返還してくれますので遠方の方には嬉しいサービスとなっています。

 

ちょっと待って!植毛する前に自宅で薄毛・ハゲ改善!

 

若ハゲは進行も早いとも言われていますが適切な対策をすることで改善することも可能としています。また、こめかみあたりが深いためAGA発症と一人で勘違いする方もいるようです。そこで男性型脱毛症の主な原因はホルモンバランスや遺伝としていますが、その他には食事や不規則な生活習慣により薄毛や抜け毛を引き起こしていることも知っておきたいものです。

 

特に大学生や新社会人となれば、お酒やタバコもOKとなりますので付き合いにより過剰摂取となることもあります。そして夜更かしによる寝不足や人間関係によるストレスなど様々なハゲの要因があります。そのため直ぐに自毛植毛とするのではなく、バランスの良い食事をこころがけ生活を改めることで、抜け毛など改善することも大いに期待できるとしています。

 

自毛植毛ランキング