植毛手術後は運動・入浴はNG?

自毛植毛手術後は運動・入浴はNG?

現在、ハゲ治療として植毛を検討している方は術後の生活においても興味深いものとしています。植毛手術後の入浴やシャンプー、そして運動など制限されるものがあるのか気になるところでもあります。そこでここでは術後のアフターケアとしての注意点などもまとめましたので、今後の自毛植毛にあたっての参考としてみてはいかがでしょうか。AGA男性や薄毛女子の方必見となっていますよ!

 

自毛植毛の術後の入浴・シャンプー

 

基本的には入浴はOKとしていますが、術後当日は長湯は避けた方が良いようです。そしてシャンプーにおいては当日は厳禁とし翌日から軽く洗髪することが望ましいようです。

 

術後の翌日から6日目まで

 

移植部分は霧状で弱い水圧で洗い流すだけにしておきたいものです。また移植部以外の場所は、シャンプーで軽く洗っても大丈夫ですがドナー部分は指で優しく洗うようにしましょう。濡れた髪はタオルで拭き取らずドライヤーで頭から20~30センチ離し温風で乾かすほうが無難としています。

 

6日目以降の1週間

 

移植部に優しく指で洗うようにし、かさぶたは無理にはがさないようにしましょう。また自然にはがれたとしてそれに移植毛がついていても心配する必要はありません。移植した毛根組織はすでに定着していますので安心しても良いようです。そしてドナー縫合部は通常の洗い方をして問題はないとしています。またムースやジェルなど整髪剤の使用は7日目以降はOKとしています。

 

術後2週間後

 

植毛する前と同じように髪の毛をシャンプーすることができます。しかし刺激性の整髪剤などは1カ月間は控えたほうが良いようです。

 

植毛術後の注意点!

 

入浴は術後でも良いとしていますが、長湯することで血行が良くなり植毛の定着率が悪くなってしまうことが考えられるようです。そのため短めの入浴で1週間後を目安に通常通りの湯ぶねのつかり時間とすることが良いようです。

 

そして植毛の移植部分がはがれてしまうのではないかと心配して、シャンプーを何日もしないでいると皮脂や汚れにより雑菌が繁殖し頭皮環境を悪化させてしまうことも考えられます。そのため正しいケアとして毎日のシャンプーは清潔を保つためにも必要としています。

 

植毛手術後はいつから運動できる?

 

どこのクリニックでも「術後の激しい運動は控えるように!」と指示されるとし、運動により血行促進となると植毛の定着率を下げてしまうことが考えられるようです。そこで植毛手術が成功したのに医師の指示に従わずに自己責任により、頭皮への定着に失敗してしまうことも考えられます。

 

運動においては、術後5日以降からウォーキングやサイクリングなど行うことができるとしていますのでそれまでは安静に過ごすよう心がけましょう。またサッカーなどへディングはドナーや移植部分に直接、触れる危険性がありますので1ヵ月経過してからが望ましいとしています。

 

薄毛対策として適度な運動も必要!

 

自毛植毛後の1週間を経過すればこれまで同様の運動ができるようになりますので、積極的に体を動かすことを心がけたいものです。特に運動不足と薄毛、抜け毛には密接な関係としていますので、今後のハゲ対策や健康促進としても適度な運動は必要となります。

 

植毛後のアフターケアまとめ

 

  • しばらくは長湯を避け血行促進としない
  • 5日目以降から軽度の運動はOK
  • 紫外線を長時間浴びない
  • パーマやカラーリングは1ヵ月後

 

植毛を成功するためにはもちろんクリニック医師の技術は必要ですが、その後の生活も十分配慮する必要があります。術後は通常通りの生活を送ることはできますが、場合によっては1ヵ月制限する必要とするものもあります。医師の説明、指示に従うことで植毛の成果につながるとしています。

 

自毛植毛ランキング