植毛で後悔する理由とは?

自毛植毛で後悔する理由とは?

自分の毛母細胞を移植するので自毛植毛は、安全性が高いというメリットがあり定着すればメンテナンスも不要としています。そしてナチュラルな仕上がりとして満足できる人も多くいるなか、植毛により後悔する人もいるようです。高いお金をかけての手術となりますので、本人や家族にすれば一大決心として決行したものも納得できないという方もいるようです。

 

ここでは植毛による失敗や後悔する理由としてまとめ、その対処法も紹介していますので今後の自毛植毛の参考としてみてはいかがでしょうか。

 

自毛植毛で後悔しないためにリスクを知る!

 

  1. 離れ小島現象
  2.  

    AGA進行としている早い年代で植毛手術を受けることで、年をとるごとに次第に周りが薄くなり自毛植毛した部位だけがフサフサで不自然なハゲになってしまうことがあります。特に薄くなってきた前頭部(おでこ)に自毛植毛することで、離れ小島みたいになってしまいます。

     

    若い頃の植毛は今後も抜け毛や薄毛が進行状態としていますので、いずれ他の部分がハゲてしまうことが考えられ年をとることで不自然なヘアスタイルとなることが考えられます。そこで追加で自毛植毛を行うなどすることでその悩みも解消することができ、今後の進行を考慮して植毛の本数や範囲を決めることも大切となります。

     

  3. 摂取された部分の傷跡
  4.  

    手術には2通りの方法がありますがどちらにしても自分の後頭部周辺から毛包を摂取しなくてはいけません。そのため方法によっては大きい、小さいキズ跡が残ることは致し方ないとしています。そこで事前にカウンセリングの際にはどの様に残るのか説明を受けとく必要があります。また医師の経験数によりキズ跡にも差がでるとしていますので、その点も踏まえクリニックを選ぶことも重要としています。

     

  5. 植毛クリニックの選択
  6.  

    想像していたよりも発毛量が少なかったという方も少なくないようです。その原因の一つは医師の技術力の差によりドナーロスとして、毛根切断率が高くなることで植毛の定着率が下がってしまったことが考えられます。切断されたグラフトを植えても髪は成長することはありません。

     

    そして自毛植毛において施術者がどれだけの実績経験としているかは重要で、そのスキルにより満足度はアップすると言っても過言ではないようです。そのため高額な費用を支払ったにもかかわらず満足することができないのは、植毛クリニックの選択の失敗があげられます。

 

クリニックのカウンセリングで確認!

 

  • 術後うまく生着しなかった場合の補償について
  • 医師の経験や直近での症例数
  • 手術方法やかかる時間
  • コースや費用について
  • 仕上がり状態の予想
  • 今後の薄毛治療について

 

植毛で後悔しないためにも事前のカウンセリングでは、気になる点など納得するまで確認する必要があります。不安や心配事がある場合にもとことん聞いておくことが術後、後悔しないためのポイントでもあり、知っておくことで万が一問題が起きた際には対処することもできます。

 

後悔しないための植毛クリニックの選び方!

 

仕上がりや術後の生着は医師の腕にかかっており、最新機器による手術はもちろん大事ですが施術する医師によりそれは活かされるとしています。そして経験数が多数としている医師では様々な症例として目の当たりとしていますので、臨機応変に患者のAGA進行状況により本数や範囲を決めることができます。

 

また医師の技術力によりキズ跡や植毛の生着率も満足することができるとしています。そのため植毛クリニック、病院を選ぶ際には口コミや体験談など参考にしながら慎重に決める必要があります。

 

自毛植毛ランキング