植毛と増毛の違いって何?

植毛と増毛の違いって何?比べてみた

一昔前まではハゲや薄毛対策はかつらが主流でもありましたが、昨今では様々な方法を選択してこれまでのコンプレックスを打ち消すことも期待できるとしています。そこで気になるのが植毛と増毛の違いとしています。ここではそれぞれの比較としてメリットやデメリット、かかる費用などまとめ、紹介していますので参考としてご覧下さいね!

 

現在、ハゲや薄毛で悩んでいる男性、女性はこれからの明るい人生を送るためにも検討してみてはいかがでしょうか。

 

植毛とは?

 

頭皮に毛髪を植え込む施術法で人口毛植毛・自毛植毛があります。人口毛の場合には、自毛よりも費用は安いですが毛が成長することなく数年後には抜け落ちてしまい、拒絶反応を起こすこともあります。そして自毛植毛は、自分の後頭部や側頭部の毛包をドナーとして薄毛やハゲの部分に移植しますので、拒絶反応を起こすことはありません。ここでは自毛植毛について紹介したいと思います。

 

メリット

 

  • 周りの毛と同じように成長して伸びる
  • 移植した部分はAGAの影響がほとんどない
  • 自然な仕上がりも期待できる
  • ヘアスタイルを楽しむことができる
  • メンテナンスが不要

 

デメリット

 

  • 手術法によっては傷跡が残る
  • 術後、患部の痛みや化膿、腫れなどもある
  • 一度の移植には限界がある
  • 高額な費用がかかる
  • 生えそろうまでに6ヵ月~1年かかる

 

増毛とは?

 

人口毛を使用して編み込み式・結毛式・全面接着式など増毛方法があります。自分の髪の毛に人工毛を数本ずつ結びつけたり、特殊なシートを使い人工毛を地肌に張りつけたりして髪の毛のボリュームを図ります。

 

メリット

 

  • 即効性がありますので直ぐにボリュームアップできる
  • かつらよりも自然
  • 装着したままシャンプーやスポーツをすることができる
  • 外科手術ではないので、頭皮に傷がつかない

 

デメリット

 

  • 月に1回程度のメンテナンスが必要
  • 結毛式では自毛に結ぶため、毛が抜けやすくなることも
  • 全面接着式では蒸れて、臭いや炎症になる可能性がある
  • メンテナンスにより毎月の費用がかかる

 

自毛植毛と増毛の費用比較

 

クリニックや施術方法にも費用は異なりますが、自毛植毛にかける平均的な値段は100万~120万としています。そしてAGA進行状況にもより、狭い範囲の植毛であれば20万で満足することもできます。しかし広範囲としている場合には、200万、300万以上となることも考えられます。どちらにしろ予算内での植毛にするのか、仕上がりが満足するまでとするかによって費用にはかなり幅があります。

 

そして増毛の施術費用は1本50円前後が相場としていますが、安いところでは初回1000本で1万円としているところもあります。しかし、その他に毎月のメンテナンス、ヘアカット・セットには月2万程度かかるとしています。

 

植毛と増毛のどちらを選ぶべき?

 

どちらともそれぞれメリット・デメリットがありますので比較することで、ライフスタイルに合った薄毛、ハゲ対策とすることができます。植毛より手軽でコストも低い増毛にするのか、高額ではあるが半永久的に毛が生えてくる植毛にするべきかはあなた次第となります。

 

それでも選択に悩んでいる方においては無料カウンセリングにて、もっとも良いとする改善方法をアドバイス、提案してくれますので一度相談してみてはいかがでしょうか。また体験により安くできるところもありますので、利用する価値はあるようです。

自毛植毛ランキング