M字の植毛

M字の自毛植毛

テレビのCMなどでも薄毛や抜け毛対策・改善として、発毛剤や育毛サプリなど紹介されていますので、ハゲで悩んでいる方においては試したことがあるという方も多いのではないでしょうか。しかし期待していた効果とは程遠いものとして感じている方も少なくないようです。

 

そこで男性に多いM字ハゲを改善するとして自毛植毛を決断する人もいます。ここでは前頭部である生え際の両端部分の植毛について検証しましたので、今後のハゲ対策の参考としてご覧下さいね!

 

M字型ハゲとは?

 

3人に1人がAGA発症で悩んでいるとしていますが、額の左右の部分がどんどん後退してハゲていく方も多くいます。正面から見てローマ字のMのかたちに見えることからM字型ハゲと呼ばれています。そこで髪を下している方では気づくのが遅れる場合もあり、気づいたときにはすでにハゲが後退していることもあります。

 

M字ハゲは改善できる?

 

完全にハゲるまでには毛が細くなり、抜け毛が増えボリュームがなくなり、毛のサイクルが止まり完全に抜け落ちていきます。主にAGAが原因で進行性としていますので、治療しないことでM字だけで留まることなく頭頂部まで広がることも予想されます。

 

そこで進行を抑えるのにもっとも効果的としているのが、AGAクリニックや薄毛治療としている皮膚科、病院でのプロペシア内服薬が一般的としています。また頭皮への血流改善として、生活習慣や食事、育毛剤や育毛セラピーなどにより改善することも期待できます。

 

自毛植毛【M字】は最終手段?

 

しかしどんなに努力しても発毛の気配がない方にとっては、自毛植毛によりこれまで嘘のように早くに髪を取り戻すことが期待できます。そのためもっと早くに決断すれば良かったと後悔する人も少なくないようです。そこで植毛は最終手段とせずに、進行がかなり進んでいる状況とする前に始めるべきとしています。

 

M字の部分でそれ程進行が進んでいなければ移植するドナーも少なくすみますので、体の負担もそうですが施術費用においても安く植毛することができます。

 

植毛費用が気になる

 

進行状況により満足できるドナーは、初期の段階ではおよそ200本で症状が進んだ場合では2000本以上としています。O字型ハゲでは個人差もありますが、4000本以上必要とすることもありますのでそれに比べれば低料金で満足できる仕上がりとすることも可能としています。

 

M字の植毛について!

 

AGAの影響が少ないとする後頭部や側頭部からのドナー採取となり、生え際の両サイドに移植していきます。ハゲがかなり広い範囲としている場合には、1回のドナーとなる毛包には限りがありますので1度の移植では満足することができないことも考えられます。

 

逆に狭い範囲であれば1回の植毛手術で自然な仕上がりとなることも期待できるとしています。

 

M字の植毛での注意点

 

  • 年齢に合わせたヘアラインのバランス
  • 数年後においても違和感を感じさせない植毛プラン
  • AGA治療も並行する必要がある

 

数年後においても自然なヘアスタイルとするには、やはりこれまでに経験実績としているクリニック医師であれば今後のAGA進行の予測により最適な施術プランとすることができます。そのため手術前のカウンセリングでは毛の量や仕上がりなど良く相談しておく必要があります。

 

そして移植した毛は定着すれば半永久的に毛がのびますが、周りの毛髪においてはAGA進行により抜け落ちてしまうことも考えられ、植毛の毛だけがやたらフサフサと不自然となってしまいます。そのため植毛手術をした後もAGA治療を続ける必要があるとしています。

 

M字の植毛は薄毛改善とし発毛が期待できますが、他の部分においてはAGA進行状態としていますので油断は禁物です。

 

自毛植毛ランキング