頭頂部の植毛

頭頂部の自毛植毛

日本人に多いO字型ハゲで悩んでいる方も多く、植毛を決意する人も少なくないようです。これまでにAGA治療としてきたもの進行は抑えることはできたが、発毛の兆しがないという男性では自毛植毛によりも毛髪を取り戻すことが期待できます。

 

特に20代、30代でてっぺんが薄く、ハゲてしまったらかなり老けて見られ、年相応となるまでコンプレックスを背負って生きていかなければなりません。そこでここでは、頭のてっぺん部分である頭頂部の自毛植毛について検証しまとめてみましたので、今後のハゲ対策・改善として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

自毛植毛の頭頂部は難しい?

 

不自然な仕上がりになりやすい

 

生え際や前髪の部分では髪の毛を垂らすことができますので、それ程仕上がりにおいて気にする必要はないようです。しかし、つむじ周辺は放射線状の毛の流れとなっており、経験が浅い医師の移植施術では不自然な仕上がりとなることもあります。

 

施術の技量とスピードが必要

 

頭頂部の植毛で特につむじ部分は、他の部分と同等の毛の密度を移植しても薄く見えてしまうこともあります。そのため一度に大量の植毛が必要となりますが、その際には定着率を下げないためにも元気な毛包をスピーディに移植する必要があります。それには医師の技量と速さが求められる施術となり、実績症例が多数としている植毛クリニックの選択が重要です。

 

ショックレスになりやすい

 

先ほども記載しましたが頭頂部においては他の部分よりも多くの植毛としますので、術後においては移植毛周囲の一時的脱落とする症状が起きやすい部分としています。術後に移植した部分の毛の脱毛とは違い、周りの健康な毛髪が抜け落ちてしまう現象となりますのでかなりショッキングなことでもあります。

 

大量の植毛移植により、血行不良により血液や栄養が行きわたらなくなってしまうことが考えられますが、大半の方は数か月後に毛が生えてくることになります。頭頂部においてはショックレスになりやすい部分としてリスクがあることも知っておきましょう。

 

頭頂部の植毛は定着率が悪い?

 

頭頂部の薄毛やハゲはAGAと関係しており、その他血行不良が原因としていることも考えられます。そのため移植後においても血流が上手く行きわたらないことで、定着率が下がるのではないかと思われがちですが、そうでもないようです。生え際や前頭部と同等の植毛定着率としたデータがあるようです。

 

そして術後においては寝るときに移植部分があたることもなく、どちらかといえば定着しやすい部分と考えても良いかもしれません。またネット情報でも頭頂部の植毛は効果がない!なんてありますが、これもまた間違っている見解としているようです。

 

小さなクリニックでは限界があるとしていますので、逆に移植を断るところもあります。しかし昨今では大量の植毛移植の技術の進歩により、その仕上がりや定着は頭頂部においても期待できるとしています。そのためクリニックの選択により、頭頂部の植毛は定着率を下げずに効果をだして仕上がりが満足できることも期待することができます。

 

メガセッションできるクリニックが安心!

 

たくさんの植毛が可能な手術のことを言い、一度に5,000本以上の移植することができます。そのような体制としているクリニックでは医師のスキルはもちろん、設備が充実しておりスタッフが多数在籍しているところに限れてきます。そこでメガセッションは、短時間で大量の植毛を移植することができますので、頭頂部の植毛には適しており定着率を下げずに施術終了することが期待できます。

 

頭頂部(てっぺん)の植毛費用は高い?

 

いわゆるAGAの典型的なO字型の植毛においては、症状にもよりますが広範囲になり4000本以上ということが考えられます。そして手術法ではFUT法とFUE法のどちらかとなりますが、FUE法の方が高い手術代となり選択により費用が異なります。

 

そして1回ではなく2回に分けての移植手術となることもあり、またメガセッションで1回としてもいづれも大量の植毛となりますので、費用は生え際よりも高くなることは必然としています。

 

自毛植毛ランキング