植毛後、毛は伸びる?伸びない?

自毛植毛後、髪の毛は伸びる?伸びない?

植毛手術をすることで毛が生え、伸びるのが当たり前としていますが、口コミや体験談で毛が抜けた!失敗した!なんて見るとたまらなく心配になりますよね!そこで、本当に植毛後に毛が伸びてくるのか?それとも伸びてこないのか?気になるところでもあります。

 

ここでは安心して自毛植毛手術を受けるために、植毛後に伸びなかった原因に注目し解説していますので、今後の薄毛、ハゲ改善の参考としてみてはいかがでしょうか。

 

植毛しても毛が伸びてこない理由!

 

  1. 人口毛植毛は毛が伸びることはない
  2. 採取するときに毛根が切断されてしまうと移植しても生えてこない
  3. 手術成功としても5~10%のドナーが定着せず毛が生えない

 

言うまでもなく人口毛の植毛は毛が伸びることはなく、白髪になることもなく早ければ2,3年後には抜けてしまうこともあります。しかし自毛植毛の場合には自分の生きた毛包を移植して植え込むので、しっかりと定着することで毛が伸びてきます。

 

しかしどのクリニックでも100%の定着率は難しく、医師の技術というよりも頭皮環境やアフターケアを怠ることで5%~10%ほど定着できず、毛が生えることはなくもちろん伸びることもありません。また手術する医師の技量の差によりドナーを採取する際に、毛包を傷つけてしまうことで植え込んでも毛が生えてこないというケースもあります。

 

そのためドナーロスを少なくするには、植毛クリニックの選択はこれまでの実績症例が多数あり、経験豊富な医師が存在しているところを選択するべきとしています。

 

植毛ドナー傷から毛が生える?

 

AGAの影響が少ない後頭部や側頭部分がドナーとなりますが、毛根ごと抜き取るため今後も毛が生えてくることはありません。しかし元々、毛の量が多い部分でもありますので、キズ跡は残りますがそれ程毛が少なくなったとは感じないようです。そこで中途半端に伸ばすと目立つこともあり、髪の毛は下向きにのびてきますので多少、長めの状態にすると自然な髪型となるようです。

 

自毛植毛の術後のショックレスと脱毛について!

 

術前から生えていた毛が抜ける現象がショックレスと言いますが、約20%の方が引き起こしているようです。自毛植毛した部位の術後の脱毛とは違く、元々の毛が抜け落ちてしまうのでかなりショッキングとしています。その中には少しの量の方もいればかなりの毛の量とする方も様々としています。しかし毛包が死滅しているわけではありませんのでしばらくすれば毛が生えて、伸びてきますので安心して下さいね!

 

そして術後1カ月~3カ月後に、移植した毛髪は一度抜け落ちますが、これは自毛植毛した誰もが起こり得る現象としていますので心配する必要はありません。毛のサイクルの正常とするための準備としていますので、抜け落ちてから3ヵ月後には毛が伸び6ヵ月~1年後には毛が生えそろうようになります。

 

ショックロスの原因と対策

 

  1. 麻酔による薬剤や手術した組織の炎症反応が引き起こす
  2. 植毛により頭皮の環境が変わり血行が悪くなり、栄養が行きわたらなくなる
  3. ストレス

 

1度に大量の毛を移植することで、頭皮が馴染まずにショックレスが起きることも考えられますので分けて行うことも一つの策としています。しかし誰もが起こるわけでもありませんので、医師とよく相談して決めることも大事です。そして植毛するからとこれまで続けていたAGA治療を止めてしまうことも原因として考えられますので、服用を続けるべきか医師に確認する必要があります。

 

自毛植毛ランキング