植毛手術って何回?回数まとめ

自毛植毛手術って何回?回数まとめ

自毛植毛手術は多くやればそれだけ満足できるとは限らず、自身が植毛成功と感じるためには手術の回数には個人差があるようです。せっかく植毛することを決心したのですから仕上がりにおいて満足したいものですよね!しかし費用によっては妥協する人もおり、またお金に関わらずハゲが多少でも改善できれば良いとする人もいます。

 

クリニックのカウンセリングでは1回の仕上がり想定として説明してくれますが、2回の手術とするのは患者さん本人の意志により決定され、アドバイスはするもの無理強いするようなことはないようです。ここでは自毛植毛手術の回数のまとめとして紹介していますので、これからのハゲ改善として植毛を検討している方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

自毛植毛は1回で完了できる?

 

  • 生え際など狭い部分であれば1回の手術でもOK
  • 1回の植毛の仕上がりで満足できるのであれば終了

 

1回あたりの可能な移植ドナーは3,000本~5000本としており、頭頂部のハゲ部分に相当する本数としています。そのためそれで補うことができれば1回の手術で完了することができ、それ以上の広い範囲であれば満足するには2回以上の植毛が必要となります。

 

そこでクリニックでは現在の薄毛・ハゲの進行状況や今後の予測などにより、植毛のプランやアドバイスとしてくれます。しかし必ずしも2回の植毛手術が必要というわけではなく、患者さん本人の希望により1回で済ませることも可能としています。

 

  • どれくらいの範囲の移植希望か
  • 移植する部分の毛がどれだけ残っているのか
  • どの程度の仕上がりを希望するのか
  • ドナーロスによる密度の許容

 

上記によっては2回以上の植毛手術が必要となることも考えられます。

 

植毛手術を2回以上するメリット

 

  • 回数を重ねることで自然な仕上がりが可能
  • 1回ではなく2回に分けて手術することで体の負担を軽減
  • 少ない移植ほど定着率が高い

 

自毛植毛する大半の方が働いている人となりますので、手術後においてもなるべく早くに日常生活ができることも大切となります。そのため広範囲であればそれだけ、体の負担も考えられますので分けることにより早くに回復することも期待できます。

 

そして1回の植毛で移植するドナーが少ないほどに定着率は高まるとし、多ければそれだけ下がることも考えられます。しかしクリニックの医師の技術力により定着率は関係するとして、多くの移植でもロスすることなく頭皮への定着とすることも期待できます。

 

自毛植毛の口コミや体験談でも1回目よりも2回目の方が仕上がりに満足という声が多く聞かれますが、毛の密度が増えるわけですから当たり前の結果でもあります。しかし1回で植毛完了することができれば、金銭的にも身体的にも少なく抑えることが期待できるのも事実としています。

 

自毛植毛は保険が聞く?

 

AGA治療と同様に保険適用外としていますので、全て実費となります。しかし高額としている植毛手術の費用は医療ローンや分割での支払い対応としているクリニックが大半としていますので、毎月、負担のない支払いで髪の毛を取り戻すことができます。

 

2回目以降の手術の間隔

 

クリニックにより異なりますが1回の術後早ければ3ヵ月後としていますが、半年から1年程経過を見てから2回目の植毛とするところが多いようです。前回のドナーの部分のキズが回復しているかどうかにもより、移植する部分の頭皮の環境によっても間隔は個人差があります。また移植する毛包は成長期としているときに採取しますので、休止期としている場合にはしばらく待つ必要もあります。

 

自毛植毛ランキング