自毛植毛できない人とは?

自毛植毛できない人とは?向いていない人

AGAで悩んでいる方は多くいますので、若い年代から中高年層まで薄毛対策として発毛、育毛に効果あるというものは試しているという方もいるのではないでしょうか。またAGA治療としてクリニックに通われている方も少なくないようです。そして女性においても薄毛や抜け毛で悩んでいる方も増えていますので、育毛剤やサプリメントなど積極的に使用している人もいます。

 

そこでそのなかには自毛植毛を決断する人もいますが、実は手術ができない!適していないという方もいるようです。やりたくてもできないという方は、どのような症状であるのか検証しまとめてみましたので今後、植毛検討としている方は参考としてご覧下さいね!

 

自毛植毛は誰でもできるわけではない!

 

植毛に適さない頭皮の状態

 

  • ドナーとなる毛がない
  •  

    AGAでも比較的、影響がない部分として毛が残っている後頭部は、大半が自毛植毛のドナー部分とします。しかしすでに後頭部に毛が残っていなければ、自分の毛を移植することができません。したがって残念ながら既にハゲてしまっている方は自毛での移植をすることは当然ながら不可能としています。そのためそうなる前に植毛の決断は早めにするべきとしています。

     

  • 円形脱毛症の方
  •  

    自然治癒やステロイドホルモン治療により今後、毛が生えてくる脱毛症においては、毛根は死んでいませんのでわざわざ植毛する必要がないとしています。

     

  • 脂漏性皮膚炎により頭皮に湿疹、かゆみがある
  •  

    まずは皮膚炎が治癒または落ち着いてからの手術となります。脂漏性皮膚炎としているから自毛植毛できないというわけではなく、頭皮の環境を整えてからの移植が定着率を高めるとしています。

     

  • 人口植毛の頭皮環境が悪い
  •  

    まれに人口毛の植毛してその部分が化膿してしまうこともあります。その部分に自毛植毛とする場合には、根元から全部取り除いて化膿した頭皮の炎症を治療してからの移植となります。

 

持病による身体に疾患がある人

 

  1. 糖尿病
  2.  

    化膿しやすく傷が治りにくいためとしていますが、現在の症状や血糖値やHbA1cの数値などにより比較的軽い方においては手術も可能としているクリニックもあるようです。

     

  3. 心臓病
  4.  

    手術により心臓や体への負担が考えられるためとしています。

 

自毛植毛は手術に適している、適さない人がいますが、薄毛やハゲで悩み、植毛により人生を変えたいという人にとっては最後の手段として切なる思いとしている人もいます。そのため自分で判断して諦めるのではなくまずは、植毛専門クリニックの無料カウンセリングで診断することをおすすめします。

 

プロフェッショナルの専門医がこれまでの経験を活かし、薄毛やハゲ改善のための治療法やアドバイスとしてくれます。そこでは今後のAGA進行を抑えることも期待でき、断念していた植毛手術も実績症例数があるクリニックでは可能とすることも考えられます。

 

自毛植毛は最高で1万本程度

 

フサフサにボリュームとするために多くの毛が必要となりますが、AGA進行が激しくドナー部分の毛が少ない場合では、満足できる仕上がりが期待できないとしています。自毛の移植においては限界がありますので、どこまでの仕上がりとなるかは現在の頭皮の毛の量も重要としています。

 

火傷やケガ(瘢痕性脱毛症)の自毛植毛について

 

頭皮のケガや火傷により毛包が死んでしまうことで、毛が生えなくなる症状を瘢痕性(はんこんせい)脱毛症といいます。そこで残っている健康の髪の毛包を移植することで、毛が生えてくるようになります。

 

広範囲としている瘢痕性脱毛症の部位も可能としていますが、血流が悪いこともあり定着率は通常よりも低くなるとしています。そのため毛の密度が物足りないとして、1回ではなく2回受ける方もいるようです。しかしこれまでに、火傷やケガにより一部分の脱毛が気になっていた方には自毛植毛が適応としていますので朗報でもあります。

 

自毛植毛ランキング