植毛が定着するまでの期間日とは?

自毛植毛が定着するまでの期間日とは?

自然な髪の仕上がりを楽しみに、自毛植毛を決意したもの実際に毛が生えるのはいつになるのか?気になる方も多いのではないでしょうか。これまでに薄毛やハゲということだけで、肩身の狭い思いをしていた方も少なくないようです。また若ハゲにおいては老けた印象を与えるため、年相応に見られないというコンプレックスとしている方もいるようです。

 

そこで植毛してから毛が生えるまでには、移植した毛根が頭皮にしっかりと定着する必要があります。ここでは術後においての植毛定着の期間日を検証し、まとめてみましたのでご覧下さいね!そして現在、AGA男性や薄毛女子で悩んでいる方は今後のハゲ対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

自毛植毛の定着期間は?

 

植毛定着とは手術後、頭皮へドナー株が根付くことを言い、植毛の定着期間は1週間~2週間としています。そのためそれ以降のアフターケアも大事ですが、根付くまでの期間のケアは重要としています。術後の過ごし方によっては植毛の定着率を低下させてしまう原因ともなりますので、移植した毛が完全に根付くまでは注意が必要となります。

 

術後しっかりと定着することで、周りの毛と同じようにすくすくと成長して伸びますのでカットやパーマをすることも可能としています。そして人口植毛とは違い、自身の毛包を植え込みますので年をとれば白髪にもなります。また薄毛や抜け毛としてAGA発症が少ない後頭部からのドナー採取となりますので、加齢による薄毛はともかくAGA原因で植毛部分がハゲとなることはあまりないようです。

 

定着率を下げる行為とは?

 

特に体の血行を促進させる行為は、移植した毛根の定着率を低下させてしまう恐れがあり、術後の入浴や運動、お酒などはNGとしています。そして健康に害とする喫煙も禁止行為とし、シャンプーにおいても医師の指示に従うことも大切です。

 

植毛してからの毛の活動

 

  1. 術後1カ月~3カ月後に、移植した毛髪は一度抜け落ちる
  2. 抜け落ちて3ヵ月以降から毛が生え始める
  3. 手術6カ月後から1年で髪の毛が自然に生えそろう

 

定着したからといって直ぐに髪の毛が生えるということではなく、正常な毛のサイクルが働くまでには時間がかかります。そこで一旦毛が抜け落ちる現象は、自然なものとして心配する必要はありません。その後生えてくる毛においては抜けることなく成長し、伸びていくことになります。

 

そして6ヵ月過ぎる頃には周りの毛に馴染み、植毛したとは他人にはバレルこともなく、1年となればヘアースタイルを楽しむこともできるようになります。自毛植毛手術してから6ヵ月間、辛抱することで将来においてメンテナンス不要で自分の髪の毛を手に入れることができます。

 

クリニックにより自毛植毛の定着率は90%や95%としているところもありますが、これは移植した毛根がどの程度頭皮に定着するかを示したものとしています。そのため成功した人の確率ではなく、例えば1000本の移植で900本、950本しっかりと根付いたことを意味しています。

 

植毛する最適な時期はあるのか?

 

決断したその時が最も最適としていますが、しかし汗がかきやすい夏での自毛植毛を避ける人が多いのも確かとしているようです。術後はガーゼや包帯による処置が必要で、キズ口が蒸れたり化膿しやすいともいえます。ですが汗により毛根部や頭皮の定着率が下がるという実証もありませんので、気にならないようであれば休暇を利用して夏に植毛手術も可能としています。

 

自毛植毛ランキング