AGA診断・セルフチェックとは?

AGA診断・セルフチェックをするメリットとは?

最近よく耳にするAGAいわゆる男性型脱毛症は早い方では10代後半から発症する若者もいますので毛が抜けるようになった!毛が細くなったという方はもしかしたら将来ハゲてしまうのではないか気になるところでもあります。そこでAGA診断するためには一般的には病院や専門クリニックに来院して診察してもらうことが確実な診断としています。

 

しかし病院に行くまででもない症状の方や誰かに知られたくないという方などはAGA診断としてセルフチェックできないものか関心を高めている方もいるようです。

 

AGA診断方法が気になる!

 

  1. 自己判断
  2.  

    日本皮膚科学会によるAGA基準は耳の穴と頭頂部を結んだ線とこめかみ部分生え際(額角)の線の距離が2cm以下ならAGAの診断となるとしています。自宅で簡単に診断できますが鏡をみながら一人で行うにしても正確に計ることができませんので奥さんや家族に測定してもらうことが確実としています。

     

    また普段の生活のなかで枕カバーに抜け毛があるか?シャンプー後の抜け毛の量やその毛が短いものであるか気にしておくことで自身でAGAセルフチェックとして診断することも可能としています。

     

  3. セルフチェックサイトを利用する
  4.  

    クリニックの公式サイトやプロペシア販売元のホームぺージではネットにより約10項目の質問に答え入力することで現在、AGA発症としているのか知ることができます。

     

  5. AGAクリニックで無料カウンセリング
  6.  

    薄毛・抜け毛治療に特化している病院、クリニックでは無料カウンセリングを実施しているところもありそこでAGA無料診断してくれるところがあります。専門医としていますので今後の進行状況や治療法などもアドバイスしてくれますのですでに進行している方にはおすすめです。

 

遺伝子検査キットでは病院に行く必要はなく郵送で1ヵ月程度で検査結果が送られてきます。そのメリットは今後の脱毛リスクや治療効果の予測として知ることができますので現在、薄毛など症状がなくても結果により早期治療をすることができ将来のハゲ対策、予防とすることも期待できます。

 

AGAセルフチェックの利点とは?

 

自分で簡単にできるのがセルフチェックのメリットでお金や時間をかけずに男性型脱毛症の診断することができます。自分がすでにAGA発症とわかれば今後の生活の見直しや専門クリニックなど効果が期待できるところなど模索することができます。

 

また常にAGAセルフチェックの診断を行っていれば早期発見することができ早めの治療により発毛や育毛などせずとも進行を抑えこれまで同様のヘアスタイルを保つことができます。また進行している方でも薬の服用や育毛セラピーなどにより髪を元に戻すことも期待できます。

 

そこで母方の親戚にハゲている方がいる方は日頃のAGAチェックすることをおすすめしたいものです。脱毛症においては遺伝的な原因としていることもありますので早めの発見でハゲ予防することができます。

 

手遅れになる前に一度AGA・発毛クリニックへ

 

すでにM字型、O字型にハゲてしまった方のなかには諦めている方もいるのではないでしょうか。しかしハゲてしまっても毛が残っていれば自毛植毛により発毛することも可能としていますので完全に毛が抜ける前にクリニックに診療することをおすすめします。

 

またセルフチェックによりAGA診断としたなら治療するために専門クリニックでの受診は早めにするべきでこれからの効果ある治療法で悩みを解消することが期待できます。