AGA初期症状~末期まで

AGA初期症状~末期状態まで

将来、自分もハゲてしまうのかと心配している方も多いのではないでしょうか。そこで早期発見するためにもAGA初期症状を知っておく必要があり既に進行している方では今後の状態も注視しておきたいものです。ここでは男性型脱毛症の改善のためにもその症状をまとめていますのでこれからの薄毛・抜け毛治療の参考としてご覧くださいね!

 

AGA初期症状とは?

 

  • 髪の毛が細くなった
  • 抜け毛が増えてきた
  • 地肌が透けて見えるようになった
  • 髪のボリュームがなくなった

 

上記のような症状が現れた場合特に地肌が透けて見えるようになっていれば初期症状というよりも進行状態として早めの診療が必要とします。最初に感じるのはやはり抜け毛や毛が細くなるためヘアスタイルがまとまりにくくぺちゃんとなってしまうことがあげられるようです。また特に洗髪後では毛の量が少なくなってきたことが実感することができるとしています。

 

しかし本当の初期の段階では見た目においては感じることはなく普段から抜け毛が多い方においてはAGA発症の発見が遅れることもあります。近年では3人に1人が男性型脱毛症として悩んでいますのでいずれ自身にもAGAの可能性があると過程して日頃からチェックすることで早期発見することが可能としています。

 

そして早めにAGAクリニックでの薄毛、抜け毛治療により進行を抑え発毛することも期待できるとしていますので一つの初期症状も見過ごさないことが将来のハゲ対策となります。

 

AGA発症により毛のサイクルが乱れる!

 

毛髪の成長期の期間が短くなり休止期にある毛髪の割合が増加するとして髪の毛が完全に成長を迎える前に抜け落ちてしまいます。そのため初期では毛の本数は変わりはしないが本来の太さよりも細く短い毛となり抜けおちるというパターンで最終的に髪の毛の成長が止まり生えてこなくなります。

 

AGA症状の末期とは?

 

既に毛が生えていない状態でM字型やO字型のようにハゲてしまった状態が末期としておりその時点で毛根が死滅してしまっています。初期症状が現れても治療することなくそのまま放置しておくことでAGA発症した方においては誰もがいずれなり得ることが予想されます。またM字とO字の同時進行により頭全体の毛が無くなることもあります。

 

  • M字ハげ
  •  

    頭頂部からはげるのではなく額の両端から薄くなって行くのがM字ハゲの特徴で正面から見るとM字に見えることからそう言われています。初期では生え際部分が薄くなっていきますが進行していくと左右の部分がどんどん後退してハゲていきます。最初のうちでは髪を下している方では気づくのが遅れる場合もあり気づいたときにはすでにM字型にはげてしまっていることもあります。 

     

  • O字ハゲ
  •  

    頭頂部付近の毛が薄くなり抜けることによりアルファベットのO字のようにハゲてしまい進行し末期では後頭部と側頭部にのみ髪を残した状態となります。日本人の男性の多くはこの後頭部ハゲに悩まされていると言っても良いようです。M字では前髪を下すことで多少は隠すことができますがO字型脱毛は隠すことができませんので明らかにハゲだとばれてしまいます。

 

AGAの末期状態になると改善することは難しいため毛細血管に新しい毛根を入れる自毛植毛することで髪の毛として再生を繰り返す可能性があるとしてハゲ治療とすることが期待できます。※自毛が残っている場合の施術としています。