AGA発症はストレスに関係する?

AGA発症はストレスに関係する?

原因が分かれば病気を治す手掛かりとなりますのでハゲや薄毛で悩んでいる方にとってAGA発症とストレスの関係性がとっても気になるという方もいるのではないでしょうか。現在、何らかの症状が見えてきた方や親戚や家族が男性型脱毛症としている方では今後の対策として興味深いものとしています。

 

ストレス性のハゲとAGAは違う?

 

いわゆる男性でも女性でも症状があらわれる円形脱毛症は精神的なストレスが原因で引き起こすとしています。AGAのように徐々に薄毛や抜け毛となるのではなく1つまたは2つ以上の多発型として一気に毛が抜けてしまい10円玉またそれ以上の大きい円形にハゲてしまいます。またその他後頭部から側頭部の生え際にそってハゲる蛇行型や全部、毛が抜けてしまう全頭型などもあります。

 

そのため症状の現れ方によりAGAかストレス性のハゲか見極めることができ今後の治療法や対策なども異なってきます。そこで男性型脱毛症とは違った治療薬がありますので完全に治すことができますが実は円形脱毛症はストレスだけではなく他に自己免疫疾患や内分泌異常ホルモンバランスなども引き起こす要因としています。

 

そして小学生でも症状があらわれることもおり大人まで誰もがなり得る病気として保険適用としています。

 

AGA要因の一つにストレスがある?

 

少しづつ進行していくのが男性型脱毛症の特徴で最近毛の抜ける量がやたら多くなった!毛が細くなった!地肌が透けて見えるようになった!など症状がある方はAGAを疑うべきとして早めの治療が必要となります。そこでAGA発症の原因としてホルモンや遺伝などが主な原因としていますが実はストレスにおいてもAGAを引き起こす要因の一つとしてあげられています。

 

その理由としてストレスにより自律神経やホルモンのバランスが崩れると過剰な血管の収縮を引き起こすことで血行が悪化してしまい毛根に十分な栄養が行きわたらないため毛髪の成長が妨げられてしまうことがあげられます。

 

ストレス発散でAGA完治できる?

 

残念ながら男性型脱毛症の要因の一つではありますがストレスだけが原因でAGA発症することはありませんのでどんなに穏やかなストレスを感じない生活を送っても症状が出てしまう方もいます。逆にどんなにストレスを多く溜め込んでいる人でもAGAを発症しない方もいるということになります。

 

しかしストレスにおいては脱毛症だけではなく様々な身体への影響として病気の引き金として言われておりガンにおいても一つの要因として考えられています。そこでAGA治療には最も効果的な治療薬を服用することで進行を抑えることができるとしています。そしてストレスを無くすことでより発毛、育毛として成長を妨げることなく十分に栄養が行きわたるようにすることができるとしています。

 

現代のストレス社会に適応する能力が必要!

 

生活していくなかでストレスを感じないという方はいないのではないでしょうか。また感じていてもそれ程気にしないという性格による個人差もありますが家庭や仕事、学校、恋愛などそして天候や季節など生活していくなかには原因となるものが沢山あります。そこで適度なストレスは向上心をあげ目的達成において必要な場合もあり上手くコントロールできる人が心身ともに健康に過ごすことが期待できます。

 

また一つや二つ発散法として身につけることで生活していくなかでストレスをためることなく自然に適応していくことができるとしています。