AGAは完治する?しない?

AGA治療をすれば完治する?しない?

最も気になることがAGAは完治するのか?昨今では多くの方が薄毛や抜け毛により悩まれているとしてハゲが治るのか?治らないのか?重大な問題としている人もいることでしょう。早ければ10代後半から発症すると言われていますので若い方であればなおさら問題視することでもあります。

 

そこでここではAGA治療することで完治することができるのか、できないのか検証してみましたので今後の薄毛、ハゲ対策の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

AGA発症したら一生治らない?

 

簡潔に言ってしまうとAGA(男性型脱毛症)は改善することは可能ですが完治することはないとしています。それを聞いてショックを受けている方もいるかもしれませんが逆に薄毛治療を続けることにより進行を抑えることができるとしていますので落胆する必要はありません。

 

髪は女性の命とも言われ男性においても昨今では様々なヘアスタイルを楽しむことができそれにより好印象とすることも期待できます。そのため髪の毛があるのとないとでは見た目においてもだいぶ変わりハゲていればそれだけ老けて見えてしまうことは避けられません。

 

そこで他人事だから言えるんだ!なんて言われそうですが薄毛やハゲていても命に関わることではありませんので気持ちを楽にして治療を続けることができます。もちろん完治はしませんが発毛、育毛のチャンスはありますので特に早めの治療として続けることでこれまで同様にヘアファッションを楽しむことも期待できます。

 

また今後の医療の進化に伴いAGA治療薬において完治できる新薬がいずれ発表されることに期待したいものですよね!

 

男性型脱毛症の改善の目安

 

AGA治療により100%元に戻すことは無理としても70~80%は可能としていますのでかなりの期待があります。また個人差もあり治療薬が効きにくい体質としている方や部位によって効果が現れないという方も少なからず存在するようです。しかし一般的にはAGA治療を初めてから半年後には髪の毛のボリュームの変化を感じることができるとしています。

 

また早期治療として早い段階で治療始めることでその改善までの期間は早く効果も期待できるとしています。しかし既にハゲてしまっている方においては個人差にもより1年、2年と一概には言えませんが元のような髪に戻すことはもちろん難しく発毛においてもかなり根気が必要となります。

 

そこでAGAは何もしなければ進行しM字型やO字型などハゲてしまうことが予想され治療することで進行を抑え発毛とすることが期待できます。そして治療を始め改善されたとしても一生飲み続けなければならず終わりなき戦いとしています。しかしさすがに70,80代となれば髪の毛への執着も消えまた年齢に関わらず自身の問題でもありますのでハゲへの諦めがついたときに薬から解放されることができるとしています。

 

ちなみに加齢によるハゲはAGA治療薬の効果はないとしていますのでいつまでもダンディーでいたいのなら植毛による増毛などがおすすめでもあります。

 

初期脱毛は心配無用!

 

乱れたヘアサイクルを正常な状態に治す過程としてプロペシアを飲んで抜け毛が増えたという症状が出る方もおりそれを初期脱毛と言われています。全ての方が症状がでるとは限りませんがその後抜け毛が減ってきますので自己判断で薬の服用を中断することは禁物となります。