AGA遺伝子検査の信憑性ってどうなの?

AGA遺伝子検査の信憑性ってどうなの?

国内の男性3人に1人が男性型脱毛症AGAで悩んでいると言われていますので10台後半を始め若い年齢層の方においては今後のハゲが気になる方も多いのではないでしょうか。自分は大丈夫と思っていた矢先、抜け毛が増え何だか薄くなってきたという方も少なくないようです。

 

そこで最近耳にするAGA遺伝子検査に信憑性があるのか?確証はあるのか?関心を高めている方もいるようです。ここでは検査方法や費用の他信頼できるものかなどまとめてみましたので今後のハゲ対策・予防としても参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

AGA遺伝子検査とは?

 

男性型脱毛症の原因としてホルモンや遺伝によるものとして知られていますがホルモンDHTにより毛母細胞に悪影響を及ぼし薄毛や抜け毛などが起こり何もしないことで一部分がハゲてしまいます。そこでAGA遺伝子検査で分かることは今後薄毛やハゲとなりやすい体質であるか判断することができるとしています。

 

それは医療クリニックや美容形成、AGA専門クリニックで行うことができ15,000円~20,000円とかなり高額としていますが血液や毛髪を採取するだけで1ヵ月後に検査結果を知ることができます。また昨今では医療機関でなくてもアマゾンで遺伝子検査キットを購入し郵送で行うこともできクリニックよりも安く検査することができます。

 

アンドロゲンレセプター遺伝子上のCAGとGGCという塩基配列が何回繰り返されているかを調べる検査で、リピート数が少ない遺伝子の方は毛乳頭のアンドロゲンレセプターがDHTと結合しやすくAGAを発症しやすい傾向が強いとしています。

 

気になる!AGA遺伝子検査の信憑性!

 

検査の信憑性においてはその結果により必ずしもAGAが発症するとは100%断言するには難しく70~80%としていますので薄毛や抜け毛とならない人もいることになります。また可能性が低いとされた方でも発症することもありAGAの原因は男性ホルモンに関係するとしていますが、それ以外にも原因としてストレスや生活習慣の乱れ、偏った食事、タバコなどもあげられます。

 

AGA遺伝子検査は信憑性はありますがその結果が全てではないということも承知しておきたいものです。ただ現在AGAで悩んでいる方においては今後の治療の目安や進行を抑えるための内服薬などの処方において参考となることもあるようです。

 

またその結果が100%の信憑性としていなくてもなりやすい体質と判断されれば今後において生活や食事など改善するいい機会として健康体を取り戻すことも期待できるのではないでしょうか。

 

こんな方におすすめ!

 

現在、抜け毛や薄毛が気になりだしたという方はもちろん母方の家系でハゲている方やAGAとしている方がいる場合には一度受けることで男性型脱毛症の発症の可能性を知ることができ予防として対策をたてることもできます。

 

AGAクリニックでの遺伝子検査の意義

 

実は病院やクリニックでの遺伝子検査は専門の検査会社に依頼して行っていますので薄毛治療の専門院だから確証が高いとするわけではなく検査キッドでも同じ結果としています。しかし現在薄毛や抜け毛で悩んでいる方においては今後の治療としてフィナステリドが効果作用としているのか、ミノキシジルが良いのかなど判断することで早期治療として症状を抑え改善することが期待できます。

 

そのため医療機関での検査においての意義はあるものとし逆に現在症状が出ていない方においては安くできる検査キッドがおすすめでもあります。