飲酒と薄毛って関係あるの?

飲酒と薄毛・ハゲって関係あるの?

お酒の飲みすぎは身体に良くないというのは知られていますが多少の飲酒であればストレス発散や血行促進など害とすることなくプラスとなることもあります。そこでこれまで飲酒と薄毛の関係はそれ程知られていませんでしたが昨今では影響があるものとして口コミや噂2chなどでも聞かれるようになりました。

 

そこで毎日の日課として晩酌している方や友人や上司、部下など休むことなく飲み歩いている方など今後の薄毛や抜け毛、ハゲが気になる方もいるのではないでしょうか。それは男性だけではなく女性においても同様としています。ここでは薄毛対策としてアルコール飲酒の影響を検証してまとめてみましたので参考としてご覧くださいね!特に酒好きで止められないとして最近抜け毛が気になるという方は必見となっていますよ!

 

アルコール飲酒により薄毛発症?

 

  1. 肝臓への負担
  2.  

    お酒の飲みすぎで肝臓への負担が気になる方も多いのではないでしょうか。大量の飲酒によりアルコールは肝臓により分解されますがその時に必要なのがアミノ酸としています。アミノ酸は髪の毛を強化するシステインやメチオニンといったタンパク質を含んでおりビタミンBや亜鉛といった栄養素も含んでいます。

     

    そこで髪の成長に必要なアミノ酸がアルコール分解のために必要以上に消費されてしまうため抜け毛や薄毛の原因につながるとしています。また肝臓がアルコールを分解する際にはアセトアルデヒドという物質が発生されますが通常量のお酒でれば無害な酢酸になるので問題はありません。

     

    しかし大量の飲酒となれば分解しきれずにアセトアルデヒドが体内に残ってしまいこれはAGA発症原因とされるDHTの増加させる要因としています。

     

  3. 糖分・脂分の過剰摂取
  4.  

    お酒には糖分が含まれており種類によってはかなりの割合で含まれておりそれと同時につまみとして脂質の高い食品を好んで食べてしまう傾向があります。血液中の脂肪が増えることで血液の循環が悪くなり、皮脂の分泌が過剰になり毛穴が詰まるなど頭皮への環境が悪化することが考えられます。

 

上記にあげられることから適度な飲酒は問題ないとしていますが大量のお酒を長らく続けることで薄毛や抜け毛の原因の一つとしています。特に男性型脱毛症の主な原因がDHTとしていますのでこれまでAGA発症としていない男性もアルコールによりその発症率は高くなることも予想されます。自らハゲへの道へ進んでいるようなものでお酒の量を控えることでその確率は減少することも考えられます。

 

しかしAGAは様々な原因があるとしていますのでお酒を止めたからと言って薄毛治療とすることはなく発毛が期待できるとは限りません。ただ飲酒と薄毛の関係は否定できないことも認知しておきたいもので今後の薄毛対策・予防として参考にしておきたいものです。

 

抜け毛が気になる方の飲酒の方法

 

  • ビール中瓶1本・清酒180ml・ワイン200mlを目安に飲酒
  • つまみには脂質の多い食材は控えめに!

 

お酒は決して抜け毛となる原因ではなく大量摂取による起こり得るものとしていますので適度な量としてビール中瓶1本を目安としておきたいものです。また飲み会や友人との付き合いで多少のみ過ぎるのも致し方ありませんが現在AGA発症としている方においてはやはり控えるべきとしています。またお酒を飲むとついつい脂っこいものが食べたくなってしまいがちですがカロリーの少ない食品を選びたいものです。