タバコと薄毛は関係ない?止めると治るは嘘?

タバコと薄毛・AGAは関係ない?止めると治るは嘘?

昨今では若い年齢層においてはタバコ離れとしている傾向が見られ値上がりなどによる影響もあるのではないでしょうか。身体にとって良いことは一つもなく周りの人にも悪影響としていますが団塊世帯としている方においては喫煙は当たり前の時代でもありました。

 

そこで薄毛や抜け毛で悩んでいる方においてはタバコとの関係はあるのか?気になる方もいるのではないでしょうか。また禁煙することで薄毛が治るというのは嘘?本当?男女共に関心を高めている方もいるようです。ここではAGA男性や薄毛女性の喫煙・禁煙の関連性を検証しまとめてみましたので今後の抜け毛・ハゲ対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

タバコが髪の毛に悪影響とする理由

 

  1. 血行不良を引き起こす
  2.  

    タバコに含まれるニコチンは体内で大きな悪影響としていますがその一つとして血管を収縮する作用があげられます。そうなると頭皮への血行不良として必要な栄養素が行きわたらず髪の毛の成長が妨げられてしまうことが考えられます。

     

  3. ジヒドロテストステロン(DHT)が増える傾向が高い
  4.  

    喫煙者は非喫煙者と比べるとDHTの値が高いということがハーバード大学の調査により実証されておりタバコはAGA発症の原因の一つとしています。男性ホルモンとDHTが結合することによりヘアサイクルが乱れ最終的には毛の成長期が止まってしまうことになります。タバコはホルモンバランスに作用してDHTが生成されてしまいますので薄毛や抜け毛への影響は大きいとしています。

     

  5. 自立神経が乱れる
  6.  

    ニコチン作用による自律神経の乱れが髪の毛の発毛サイクルの乱れを引き起こし成長期である毛が抜けてしまうことがあります。また頭皮の毛穴から必要以上に皮脂が分泌されることで発毛に悪影響を与えることも考えられます。

 

禁煙すると薄毛・抜け毛が治る?

 

AGA対策としてDHTを増やさない!抑制する!として最も有効な治療法としています。そこでタバコを吸うことで無駄にDHTを増加させていたもの禁煙することで生成を抑えることができ今後の薄毛対策とすることが期待できます。しかしそれ以前にAGA発症としている方では元々のホルモンバランスや遺伝などが原因で薄毛、ハゲてしまうことは避けられないとしています。

 

そのため男性型脱毛症の根本的な治療が必要となるようです。DHTを抑える薬としてプロペシア、ザガーロの服用や発毛を促すミノキシジルなどにより改善、発毛が期待できるとしていますがそれには生活習慣も同時に改める必要があります。

 

バランスの良い食事やストレスをためない生活の他喫煙はもちろんタブーとしています。タバコを止めれば薄毛が治ることはありませんが今後のAGA対策としては十分有効としているようです。

 

禁煙で抜け毛が治ることも?

 

薄毛や抜け毛の原因としてAGAでない場合にはストレスや生活習慣、タバコなどによる毛のサイクルの乱れで一時的なものとして考えられます。そのようなケースでは食生活を正し禁煙することで正常な毛サイクルに戻り抜け毛が減り元のヘアスタイルとなることも期待できるとしています。

 

特にAGA発症は男性特有としていますので女性であればタバコを止めるだけでも進行を抑えることも可能性はあるとしています。そしてタバコは髪の毛の悩みだけではなく身体を害するものとしていますので今後いつまでも健康体で過ごしたいのであれば禁煙すべきとしています。