60代・70代の薄毛対策(女性・男性別)

60代・70代の薄毛対策&AGA治療(女性・男性別)

年をとってもいつまでも気持ちは若いままと元気なシニアも多くいますが薄毛や抜け毛は諦めているという方も少なくないようです。もちろん何もしなければ髪の毛が増えることも以前のようなボリュームのあるヘアスタイルを取り戻すことはできません。

 

そこでここでは男女別の60代・70代の薄毛対策として治療法や改善の方法などまとめてみましたので参考にしてみてはいかがでしょうか。今後も楽しいライフスタイルを送るためにもいつまでも若々しくいたいものですよね!

 

老年期の薄毛原因とは?

 

老人性脱毛症

 

60歳を過ぎると髪の毛や体毛が薄くなるなど年とともにおきうる老化現象として受け入れなければいけない現実としています。それは男性だけではなく女性も同様でどちらも一般的に言われている老人性脱毛症となります。顔のシワやシミなど肌だけではなく白髪が増え始めるのもこの時期として早ければ全体的に真っ白になっている方もいます。

 

そして加齢になると髪が細くハリがなくなる理由としてホルモンの減少の他血行不良により十分な栄養が頭皮まで届かず成長できないことがあげられます。それは血液を運ぶ血管の老化や新陳代謝の低下、運動不足などにより血管も老化していくとしています。そのため男女共に薄毛・抜け毛の原因となるのがこの老人性脱毛症となります。

 

男性型脱毛症

 

AGA発症によるハゲの症状は男性のみとなりますが60代、70代においても発症する人がおり年齢に関係なく男性型脱毛症となることもあります。若い頃のように進行が早く若ハゲのようにはなりませんが何もしなければいずれハゲてくることも予想されます。特にシニア世代となるとAGAと老人性脱毛症の両方を併発している男性も珍しくはないようです。

 

60代・70代の薄毛女性の対策とは?

 

老年期となる女性の薄毛の症状は男性のようにハゲるわけではありませんが頭丁部の毛が減少していき地肌が透けて見えるようになってきます。そして毛が細くなりハリ・コシ・ボリューム不足でヘアスタイルが決まらずぺちゃんとなってしまい多くの人が悩んでいるのではないでしょうか。老人会やカラオケやお茶のみ仲間での集まりではやはり誰よりもキレイでいたいと思うのは女性であり元気な証拠でもあります。

 

そこで加齢による薄毛は女性専用育毛剤を使用することで発毛が期待できるとしています。増加する薄毛女性の悩みを改善するため各メーカー社が研究を重ねた育毛剤は薄毛改善効果がどんどん高まってきているようです。そして薬だけに頼らず並行して程度な運動やストレス発散、バランスの良い食事も心がける必要があります。

 

男性(60・70代)のAGA・薄毛対策で発毛あり?

 

  1. 血行促進する
  2. 男性型脱毛症の治療薬使用

 

老人性脱毛症の原因は血行不良が原因としていますので頭皮の血行を改善することで成長を促すことが期待でき適度な運動にバランスの良い食事、頭皮マッサージなどが必要となります。また市販されている育毛剤や発毛剤においても血行を良くする成分配合としているものもありますので使用してみてはいかがでしょうか。

 

そしてAGAならではの治療薬は進行を抑えることが期待できるプロペシアや発毛を促すミノキシジルなどは医師の診察を受けてからの処方となります。本気で発毛、育毛とするなら薄毛治療専門のクリニックでの受診がおすすめとなっています。