30代の薄毛対策(女性・男性別)

30代の薄毛対策・AGA治療(女性・男性別)

30代前半~後半となれば女性においては既に結婚して子育て中としている方も多く、男性では仕事もバリバリとしてそろそろ家庭を持ちたいと考えている年齢でもあります。そこでそんな男女共に薄毛や抜け毛で悩み始めたという方もいるのではないでしょうか。

 

薄毛やハゲは年齢や性別により原因や治療法が異なりますのでここでは30代の薄毛対策・治療として男性・女性別にまとめてみましたので参考としてご覧くださいね!

 

このページの対象者:30歳、31歳、32歳、33歳、34歳、35歳、36歳、37歳、38歳、39歳

 

男性・女性の薄毛の原因を検証!

 

  • AGA男性型脱毛症
  •  

    男の人のハゲはさほど珍しくはなく特に高齢者に至ってはハゲている方が多いくらいとしています。しかしAGAは10代後半から発症する人もおり年齢に関係なく起こりうる男性の脱毛症となっています。そこで主な薄毛の原因は男性ホルモンとしておりそれにより毛母細胞においてジヒドロテストステロンという物質に変化し毛髪の成長を妨げるとしています。

     

    30代男性でもM型やO型などにハゲてしまうのがAGAの特徴で早めの薄毛治療により発毛も有効としています。

     

  • 女性の薄毛、抜け毛
  •  

    女の人の場合においてもホルモンが関係しており特に30代前半をピークに女性ホルモンの分泌量は低下していきホルモンバランスの乱れにより抜け毛や薄毛を発症することとなります。また30代女性で最も考えられる原因が妊娠・出産としており一時的に抜け毛が増える産後脱毛とすることもあり、ダイエットにより髪の主な成分であるアミノ酸の不足などが起こり抜け毛の原因とすることもあります。

     

    しかし女性の脱毛症は男性のように毛穴から毛が全て抜け毛根が死滅するのではなく、毛が細くなったり髪の量が減りボリュームが無くなるなどが特徴としています。

 

男女共に共通する薄毛の原因とは?

 

ストレスや生活習慣といったものは男女共通の薄毛・抜け毛の原因としており偏った食事やタバコ、自律神経の乱れにより毛根まで必要な栄養が行きわたらないため毛が細くなったり抜け毛となることがあります。

 

30代の薄毛治療法とは?

 

男性女性の薄毛や抜け毛の原因が違うことからその治療法や薬なども異なることは必然としています。そのためそれぞれに有効とした治療をすることが薄毛対策、予防とすることになります。

 

  1. 男性
  2.  

    男性ホルモンや脱毛の原因をもたらすDHTを抑制する作用効果とするプロペシアという内服薬を使用することが一般的としています。そして発毛成分であるミノキシジルを含む外用薬も薄毛治療で処方されこれらの役割は異なりますので併用することで脱毛の進行を抑え発毛することが期待できます。

     

    しかし30代男性の薄毛治療の際には注意しておきたい点がありプロペシアには男性ホルモンを低下させることから少なからず副作用として子どもができなくなってしまうことがあります。そのため結婚したばかりの方やそろそろ子作りを計画している場合には慎重に治療する必要があります。そこで自己判断での服用はさけ専門クリニックで相談しながらAGA治療を進めていくことをおすすめします。

     

  3. 女性
  4.  

    30代女性の薄毛対策として分娩後脱毛症であれば通常、半年から1年ほどで自然回復すると言われていますのでそれ程心配することはないようです。妊娠により女性ホルモンの影響で乱れ分娩後に一気に休止期に入るために抜け毛が増える状態としています。

     

    また長い髪の毛としている場合、仕事や家事の際にゴムできつく引張り縛ることや同じ分け目を長期的に続けることで部分的に脱毛を発症することもありますが髪型を変化させることで対策することができます。そして薄毛治療の専門クリニックでは薬の処方だけではなく生活の改善や食事療法などのアドバイスもしてくれます。