20代のAGA治療って回復するの?

20代の薄毛・AGA治療って回復するの?

学生や社会人として働き始めた20代の男性のなかには薄毛や抜け毛で悩んでいる方もいるようです。そこで近年ではテレビのCMにおいてもハゲ治療として効果をうたっているクリニックもありますので関心を高めている方もいるのではないでしょうか。そこでここでは20代前半~後半のAGA治療で回復することが可能か検証してみましたので今後のハゲ予防・対策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

対象者:20歳、21歳、22歳、23歳、24歳、25歳、26歳、27歳、28歳、29歳

 

20代でハゲる人は多い?

 

薄毛や抜け毛で悩んでいるその多くは40代以降と思われている方もいますが20代でAGAで悩んでいる方は10%以上としていますので10人に1人として意外にも多いと感じる数字としています。またまだ20代だから大丈夫!認めたくない!という方においてはハゲはじめてから病院に駆け込む人もいます。

 

そのため今では20代だからAGAになることはないと過信することなく若くてもハゲるということを認識しておかなければならないようです。

 

発毛クリニックでの20代の発毛治療法とは?

 

ハゲは中高年層とした認識としている方も多いことからさすがに20代で薄毛や抜け毛、発毛のために病院を受診するのは抵抗があるという方も少なくないようです。しかし早すぎる治療で失敗することはなくどんな病気においても早期治療により回復の確率は高くなることは承知の通りとしています。

 

そのため進行性の脱毛としているAGA治療は20代で始める方も増えているのが現状としています。遺伝や生活習慣の面も考慮して治療を行うことで短期間でケアできるようにするのが専門クリニックとし目標設定を医師と二人三脚で考えることが可能としています。

 

主な治療法として代表的な治療薬フィナステリドの服用として脱毛の原因とされるDHTを抑制する作用がありますので進行を食い止めることが期待できます。そして塗り薬としてミノシキシジルは毛母細胞の働きを活性化するとして発毛効果をあげその他ストレス・睡眠・食事・喫煙なども改善し積極的にビタミンやミネラルの摂取など発毛サポートとしています。

 

20代のAGA治療は回復することができるとしそれには早期治療が重要としていますので何かしら兆候があれば男性型脱毛症を疑い受診することをおすすめします。

 

皮膚科とAGAクリニックどっちを選ぶべきか?

 

内科や皮膚科などAGA治療対応としているところではプロペシアや新薬ザガーロの処方などが一般的としていますが大半のところでは進行を抑えることは期待できますが発毛や育毛としては難しいとしています。そこでAGA専門クリニックでは内服薬による進行を抑えることはもちろん育毛セラピーや独自治療法により発毛とすることが期待でき元のヘアスタイルに戻すことも可能な限り努力してくれます。

 

そのため20代ですでに地肌が透けてしまっている状態で発毛を望むのであれば費用はかかりますが今後の将来のためにも専門医に受診するべきとしています。そこで新社会人となったばかりで安い給料としているため躊躇している方でも分割やローン支払いの対応としているところもありますので無理なく治療を続けることも可能としています。

 

逆にそれ程進行していない場合で現状維持とするなら内服薬だけでも十分効果ありとしていますので皮膚科など男性型脱毛症治療としている病院での診療がおすすめです。