50代の薄毛対策(女性・男性別)

50代の薄毛対策・AGA治療(女性・男性別)

若い頃の身体のようにいつまでも健康と体力維持とするにはそれなりの努力が必要となります。しかしいくら健康体としても50代となれば髪の毛が細くなったり抜け毛が増えるなど老化現象として薄毛となる人もおり諦めている方もいるのではないでしょうか。

 

しかし50代の男性、女性の薄毛の原因は老化だけではありませんので対策、治療することで発毛も期待することができるとしています。

 

50代男性の薄毛原因とは?

 

  • 更年期障害によるホルモンバランスの乱れ
  • 遅れてのAGA発症
  • 栄養障害

 

40代では薄毛や抜け毛の兆候もなく安心していたのもつかの間で50に突入したのをきっかけに体調不調も増え抜け毛が気になるようになったという方も少なくないようです。女性特有とされる更年期は男性にも訪れ症状がでない方も多いのですが中には倦怠感や疲労感、イライラする、性的機能が減退する、うつ状態となるなど訴える男性もいます。

 

そのためホルモンバランスが崩れることで毛周期の乱れとして成長期が止まってしまうことも考えられます。また年とともに食も細くなりがちとして栄養不足も考えられ毛細細胞まで毛の成長を促す栄養が行き届かないことも50代男性の薄毛の原因としています。

 

そして早くから発症しがちなAGAこと男性型脱毛症においても遅咲きとして50歳以降に症状が現れる方も珍しくはないようです。

 

50代の薄毛対策で進行を抑える!男性版!

 

  1. 食生活に気をつけバランスのよい食事を心がける
  2. 育毛剤や発毛剤など積極的に使用する
  3. AGA・薄毛専門クリニックで発毛治療(内服薬・育毛セラピー・ハーグ療法など)
  4. 皮膚科や内科でAGA治療に有効なプロペシアを処方してもらう

 

女性50代で薄毛となる原因とは?

 

50代になると閉経する女性も多くそれと共に更年期障害で苦しむ方も多くみられます。その症状は人によって様々としていますがうつ病発症とする人もおり主に自律神経の乱れにより身体的、精神的な症状としています。そのなかでびまん性脱毛症の発症は頭皮の血行が悪いことで髪の毛に栄養がおくられにくくなり分け目や頭頂部の皮膚が透けて見え薄くなってしまいます。

 

男性のAGAとの違いは完全にハゲるのではなく毛が細くなり抜けやすくなり薄毛となるのが特徴としています。また老化現象の始まりとしてびまん性脱毛症となる方も増えています。

 

薄毛対策(女性版)50代の方必見!

 

  1. 栄養バランスの良い食事を心がけ適度な運動
  2. 育毛剤など積極的に使用してみる
  3. 薄毛治療に特化している病院・クリニックで発毛治療

 

更年期障害の症状は人様々としていますがストレスをためることでも症状を悪化させることもあります。そのため適度な運動することでストレス発散することができバランスの良い食生活を習慣づけることで健康体を取り戻すことができ頭皮まで栄養が行きわたることが期待できます。

 

そしてそれでも改善が見られない場合には薄毛治療に特化しているクリニックや皮膚科の受診をすることでびまん性脱毛症への効果がある発毛剤パントガールの処方が可能としています。またAGAクリニックでは男性専門と思われがちですが女性の薄毛・抜け毛治療も実施していますので注目しておきたいものです。

 

パンドガールは髪の毛を生成するために必要な成分が配合されており実際に臨床試験を実施して効果があると認められていますので50代女性の薄毛・抜け毛治療として有効としています。しかし自由診療としているため薬代は実費とし月に10,000円~15,000円かかるとして決して安くはない治療費としています。