40代の薄毛対策(女性・男性別)

40代の薄毛対策・薄毛治療(女性・男性別)

ここでは薄毛や抜け毛で悩まれている40代の脱毛症治療として男女別の対策としてまとめてみましたので今後のハゲ予防・治療として参考にしてみてはいかがでしょうか。また現在、症状が見られないとしてもAGA発症や女性の脱毛が気になる方もこれからの予防対策として必見となっていますので最後までご覧くださいね!

 

このページの対象者:40歳、41歳、42歳、43歳、44歳、45歳、46歳、47歳、48歳、49歳

 

40代男性の薄毛・抜け毛対策

 

男女の家庭での役割は多少は変わりつつありますが昔も今も変わらず男は家庭の大黒柱として稼がなければならず責任が大きくあります。また会社の立場においても部下と上司の板挟みとなりストレスが溜まりやすい地位としているようです。そして40代となれば加齢へ1歩踏み出したことで働き盛りの年齢ではありますが疲れやすくなることも否定できないとしています。

 

そんな40代の男性はAGA発症に加えストレスや過労が重なることで更に進行しやすい年齢としているようです。そこで短い毛が頻繁に抜けるようになった!毛が細くなった!と感じた方は直ぐに薄毛・抜け毛治療に取り組むことが重要で今後、ハゲてしまうのか回復するのか分かれ道ともなります。

 

また治療費においても初期状態であるのか進行している状態としているのかにより最低限の費用で済ませるか逆に高額となることもあります。

 

そこで既にM字やO字にハゲてしまった方においてはまだ諦める必要はありません。費用は高額となりますが最新治療や自毛植毛により以前のヘアスタイルを取り戻すことも期待できるとしています。しかしそうなる前にAGAの症状が少しでも見られたら早期治療としてプロペシアやザガーロ、ミノシキシジルのみで回復することが期待できますので早めに専門クリニックへ受診することをおすすめします。

 

40代女性の脱毛症対策

 

レディース40代の薄毛の理由とは?

 

最も多い女性の薄毛症状はびまん性脱毛症としており分け目や頭頂部の皮膚が透けて見える脱毛症で更年期前後によく見られるとしています。ホルモンバランスの乱れやストレス、ダイエットによる栄養不足、間違ったヘアケアなどが原因として40代で薄毛・抜け毛を訴える女性が増えているのが現状としています。

 

子育てが一段落したのもつかの間として子どもの進路や教育費、家庭の問題などにより主婦においてはストレスを感じることが多々あります。そして早い方では40代前半に更年期障害となり体調不調や抜け毛なども引き起こすこともあります。

 

またバリバリのキャリアウーマンとして働いている方では今後の結婚や会社での中間的立場として男性のみならず女性も増えていますのでその責任はかなりのストレスとなることもあります。

 

女性のための薄毛治療法とは?

 

男性とは違く正しいヘアケアにより抜け毛や薄毛を改善することも期待できこれまでのダイエットの見直しやストレス解消することでも期待できます。しかしそれでも改善が見られず進行が進むようであれば専門クリニックでの受診をおすすめします。また男性専門とするAGA病院でも女性の薄毛治療として特化しているところもありますので注目しておきたいものです。

 

治療法はもちろん男女別の方法となりますが40代女性の方の診療のニーズが高まることから併用して診療しているところも増え夫婦で通うことも可能としています。