バイオテックと「プロペシア」・「ミノキシジル」どっち?

バイオテックと「プロペシア」・「ミノキシジル」どっち?違いを比較

近年においてハゲ・薄毛関連のサービスは多岐に渡り、AGAや薄毛に悩まされている方にとって何が一番ベストなのか?判断するのが難しくなっている状況になります。一番オーソドックスと言われているのが男性用育毛剤になります。インターネットでハゲの悩みを解決するために検索を繰り返しているとおすすめ商品としてサイト内で紹介されているケースが非常に多いのが特徴的になります。但し、育毛剤では満足できないと不満を抱えているユーザーも多数いるのが事実になります。

 

次なる選択肢を探している方に知っておいて頂きたいのはバイオテックと医療行為としてのプロペシアミノキシジルの違いになります。今回はそれぞれのメリット・デメリットを徹底比較していきたいと思いますので、AGA・薄毛治療をどうすればいいのか?悩まされている方は最後までチェックして頂ければと思います。

バイオテックVSプロペシアどっちがいいの?

 

まず最初のプロペシアを知りたい人もいると思いますので、簡単に説明していきます。

 

プロペシアは病院・クリニックで実施されているAGA治療の中では最もポピュラーな内服薬になります。プロペシアの主成分であるフィナステリドがAGA・薄毛治療で効果があると認められています。

 

主にフィナステリドはAGAの原因になっている男性ホルモンのテストステロンを妨害する作用があると言われています。AGAの進行を薬によって邪魔をする、抑制すると考えると分かりやすいのではないでしょうか。

 

なので、一般的には男性のAGA治療に使われていて、女性には使用されていません。また、効果が期待されているプロペシアですが、実は様々な副作用を引き起こす危険性もありますので、注意が必要になります。例えば性欲衰退・勃起機能低下・精子減少などですね。こうしたリスクを踏まえると絶対におすすめできないのが個人輸入になります。プロペシアを使った治療を検討されているのであれば病院・クリニックで医師の診療の元で処方してもらいましょう。

 

バイオテックはあくまでサロン系で頭皮清浄やケアを目的にしているのが特徴的になります。AGA治療を改善する具体的な効果があるか?と問われれば答えはNOです。あくまで、ケアであってAGA治療ではないというのがポイントになります。

 

結論!どっちがいいの?

 

効果で選ぶなら→プロペシア(フィナステリド)

 

女性の育毛ケアなら→レディースバイオ(バイオテックの女性部門)

 

安全性で選ぶなら→バイオテック

 

バイオテックVSミノキシジルどっちがいいの?

 

一般的にミノキシジルとプロペシアの併用によるAGA治療をされているケースが結構多いですね。

 

プロペシアが内服薬に対してミノキシジルは外用薬という特徴を持っています。簡単に言えば塗るタイプと考えると分かりやすいと思います。

 

こちらもAGA治療において効果が認められている薬の1つになりますので、根拠のあるAGA治療を求めるのであれば検討対象に加えておくべきでしょう。ミノキシジルの簡単な効果を説明すると「髪の成長を速め、太く・長く成長させることが期待できる」、「薄毛・抜け毛の進行防止」などが挙げられます。もちろん、良いことばかりではなく、考えられている副作用もいくつかあります。例えば頭痛、かゆみなどですね。他にもいろいろありますので、こちらも病院の専門医にシッカリと診断してもらってスタートさせるのが理想的です。

 

結論!どっちがいいの?

 

効果で選ぶなら→ミノキシジル

 

女性の育毛ケアなら→レディースバイオ

 

安全性で選ぶなら→バイオテック

 

公式サイト

 

バイオテック