バイオテックと植毛どっちがいいの?

バイオテックと自毛植毛手術どっちがいいの?

AGAを筆頭に薄毛に悩まされている方は多数います。ハゲている頭皮を見るたびにナイーブな気持ちになってしまうのでは本来力を入れなければいけない仕事や恋愛において妨げになる可能性は十分すぎるほどあります。

 

さて、今回紹介するのは様々な育毛ケア・AGA治療の中でも注目されている「バイオテック」と「自毛植毛施術」はどっちが効果的なのか?それぞれのメリット・デメリットを比較するコーナーを作成してみました。日本を代表する育毛サロンであるバイオテックと植毛の違いを知りたい方は最後まで要チェックです。

 

バイオテックと自毛植毛を効果で比べてみた!

 

はじめに大きな違いを解説します。

 

自毛植毛施術は病院・皮膚科クリニックで実施されている専門医師による医療行為になります。根本的にAGA治療をする方法の1つの手段として挙げられているのが特徴的で実際に根拠のある効果が認められているのがポイントになります。なお、AGAを治すというよりはコンプレックスが脱出する方法と考えた方が分かりやすいですね。

 

バイオテックは育毛ケアをする場所です。簡単に分類をするとサロン系になります。AGA治療の専門的な知識を持っている医者が施術を担当する訳ではなく、サロンのスタッフが担当することになります。主な目的としては髪や頭皮をケアになります。残念ながらAGA治療としては根拠のある効果は認められていません。薄毛治療ではなく、汚れを掃除するなどあくまで”ケアする”という点は覚えておきたいところではありますね。

 

結論を言うと効果で植毛とバイオテックを比べると植毛手術の方がおすすめです。

 

バイオテックと自毛植毛を費用・価格で比べてみた!

 

自毛植毛は株単位で金額が決定するケースが多いです。ザックリ相場を言えば100万円~500万円程度になるのが一般的になります。

 

また、場合によっては何回も繰り返しすると合計で1000万円以上使っている方もいるみたいです。某有名元スポーツ選手の脱税が一時期話題になりましたね。

 

一方、バイオテックは1カ月14,040円~のコースもありますし、ベーシックなコースの場合ですと約35万円程度で利用することができるのが特徴的になります。どのくらいの期間通うか?にもよりますが、全体的には植毛よりバイオテックの方が価格は安く抑えやすいと言えるでしょう。

 

結論!バイオテックと植毛どっちが優秀?

 

①効果で選ぶなら→植毛
②金額で選ぶなら→バイオテック
③副作用・リスクが心配なら→バイオテック

 

植毛は回数が少ないので通院の負担が軽いことがメリットとして挙げられます。

 

結論を申し上げると効果と利便性は自毛植毛の方が優秀。費用面とリスク回避を重要視するならバイオテックに軍配が挙げられます。

 

公式サイト

 

まずは気軽に無料体験へ申込

 

バイオテック