アートネイチャーの解約・退会方法

アートネイチャーの解約・退会方法まとめ

基本的なサービスがオーダーメイド型になりますので、料金体系については1人一人異なるのが特徴的になります。

 

また、増毛商品においても悩みを解決するために最適な開発をされています。

 

今回紹介するのはアートネイチャー解約方法・退会に関する詳細内容になります。

 

「作ってしまったカツラ・ウィッグは返品・返金することはできるのか?」

 

「一旦サービスをストップさせるために休止申込する方法はあるのか?」

 

「中途解約をすると違約金手数料は取られるのか?」

 

サービスを受ける前の方も実際に申込をしてサービスを受けている方にとっても辞める方法には興味があると思います。

 

解約するならクーリングオフ期間中

 

基本的には契約後8日以内など制度の条件を満たせばクーリングオフ制度で解約することができます。

 

アートネイチャーをクーリングオフで契約解除する場合は事前契約書の内容を確認し、電話やメール等のお問い合わせで必要書類の概要について聞いておくことが大切になります。一般的には下記のものが必要になるケースが多いです。

 

  • 契約書
  • 印鑑
  • 支払い証明書

 

但し、一括りにアートネイチャーと言ってもマープ、育毛コース、4DM、ヘアフォーライフなど様々なメニューがありますので、それぞれ解約の条件が異なる可能性があります。もしかすると一部の商品で顧客目線で退会しやすいシステムを作っているかもしれません。なお、現時点においてアートネイチャーには全額返金保証制度は無いみたいですね。最近ではダイエットジムなどで流行ってますよね。「痩せなければ全額返金!」みたいなイメージのキャッチコピーで世の中に浸透されていますが、現状見当たりませんので、その辺りの新サービスについても今後注目していきたいと思います。

 

なお、クーリングオフなど短期間で契約を解約する場合に気を付けなければいけないのは支払いをクレジットカードで済ませた方です。

 

この場合ですとクレジットカード会社に連絡をすれば銀行口座引き落としされないように手配することができる可能性があります。お金を一定期間でも失うのは痛いですからね。このお金を資産運用で活用していれば・・・と後悔しないように素早く確認しておくことが大切になります。

中途解約だと違約金手数料が発生する?

 

基本的には途中で退会すると解約料金が発生するケースが口コミ・体験談サイトを見ると多いみたいですね。

 

金額はコースや契約内容、どのような状況で申し出をしたのか?など様々な要素によって異なりますが、場合によってはそれなりにまとまったお金が必要になる可能性もありますので、注意が必要になります。

 

当然、多少は継続してサービスを受けてもらうためにアートネイチャーのスタッフさんに説得される可能性もありますが、止めると決めたのであれば断り切れない人や押しに弱い人も断固として解約受付を済ませるのがポイントになります。

 

少し考えてみます。

 

この言葉を口にする人はいつまで経ってもダラダラ続けることになりますので、大変注意になります。

 

但し、新しい提案やコース変更など納得する場合もあるでしょう。説明を聞いた後に魅力的だと考えれば契約を継続させるのも1つの手ではあります。その後のサービスのクオリティーでアートネイチャーを利用し続けるか?再度判断しても金銭的に余裕があるのであれば遅くはないでしょう。

 

最後にこのようなトラブルにならないように大切なのは契約前に分からないことがあれば素直に聞くことです。納得してから申込・入会手続きを済ませるのが防止策になるでしょう。

 

公式サイト

 

アートネイチャー